“ニートが二度寝しない”枕、ニートの知識とスキルをフル活用し開発。

写真拡大

インテリジェンスは12月18日、ニートの知識・パワーを活かした製品で、ニートが二度寝しない“導きのまくら”を開発したと発表した。

これは、ニートがニートを救う「STAND UP NEET PROJECT」において開発が進められていたもの。「明日からがんばればいいや」「とりあえず寝よう」と、人々のやる気を吸収してしまう魔力を持つ“最大の敵”ベッドから立ち上がるため、リーダーの森翔太氏と、現在ニートのプロジェクトメンバーが、彼らの知識とスキルをフル活用し、唯一無二のまくらを開発した。

「導きのまくら」と命名されたそのまくら、キーワードは「火」「イケメン」「母の優しさ」。特設サイトでは開発〜完成までのドキュメント動画が公開されているが、最後には森氏がこのプロジェクトを通じてメンバーに感じてもらいたかったことを真剣に語っている。

「STAND UP NEET PROJECT」は、アルバイト求人情報サービス「an」が立ち上げたプロジェクトで、2015年8月19日に発足。“二ートが自らの力を奮起させる”“ニートの趣味に関する知識やスキルがリアルな社会でも役に立つことを知ってもらい、はたらく喜びを感じてもらう”ことを目的としている。リーダーの森氏は元ニートの映像作家で、代表作はYouTubeでシリーズ通算400万回再生された動画「仕込みiPhone」など。