17日放送の「参議院特別委員会 関連」(NHK総合)で、山本太郎参院議員が委員会室で「自民党が死んだ日」と書かれたプラカードを掲げる様子が映し出された。

同日の安全保障関連法案の特別委員会で、野党が鴻池祥肇委員長に対する不信任動議を提出し、その後、16時30分頃、不信任動議が否決された。これにより、一時退出していた鴻池委員長が委員会室に戻り、委員長席に着席した瞬会、一斉に野党の議員が詰め寄り「なんだこら」「暴力反対」などと怒号が飛び交う異様な事態に発展した。

大混乱の中、映像には「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表である山本参院議員が「自民党が死んだ日」と書かれたプラカードを掲げ、ほかの議員らと同様、鴻池委員長へ詰め寄っている姿が映し出されていた。

【関連記事】
山本太郎参院議員がNHK「日曜討論」内で同局の報道姿勢を公然と批判
「NEWS23」キャスターがメディアに訴え「安保廃案に向けて声を上げ続けるべき」
SEALDsの奥田愛基氏が公聴会で議員に苦言「寝ている方がたくさんおられる」