音楽は難しいほど楽しい:細野晴臣のRBMA特別レクチャー動画、独占先行公開 #RBMATOKYO

写真拡大

細野晴臣が、昨年開催された「Redbull Music Academy Tokyo(RBMA Tokyo)」に登場、世界中から集まった若手アーティストたちに向けてレクチャーを行った。常に新しいことに挑戦してきたイノヴェイターの至言が詰まった90分をWIRED.jpで独占先行公開!

「音楽は難しいほど楽しい:細野晴臣のRBMA特別レクチャー動画、独占先行公開 #RBMATOKYO」の写真・リンク付きの記事はこちら

はっぴいえんど、YMOなど、長いキャリアにわたって常に日本の音楽シーンの新領域を切り拓いてきた細野晴臣が、昨年秋に開催された「Redbull Music Academy Tokyo(RBMA Tokyo)」で、世界中から集まった若手アーティストたちを前に、貴重な体験談を交えながら、テクノロジーと音楽のイノヴェイションをテーマに90分間の特別レクチャーを行った。

細野が、電子音楽に目覚めたきっかけは冨田勲だった。1970年代に冨田がコンピューターでつくったドビュッシーのアルバム『月の光』を聴いたとき、彼は衝撃を受けたのだという。細野はすぐにそのアルバムのマニピュレーションを担当していた人物、松武秀樹を探し出し、会いに行った。松武は当時非常に高価だった音楽機材をもっていた。それに彼は、まるでスーパーマーケットのレジを打っているかのようなスピードでそれらの機材をマニピュレートしていた。松武の協力を得て、細野は坂本龍一、高橋幸宏らとYMOを結成し、日本の音楽を革新した。

関連記事:“デッサン”の力がないと新しい音は生み出せない:冨田勲、RBMA特別レクチャー

YMOがあれほどヒットするとは、細野自身もまったく予想していなかったという。「海外ツアーから帰ってきたら、小学生まで『ライディーン』を聴いていて驚きました。自由に外も歩けなくなったんです。小学生たちが後ろに付いてきてしまうんで」

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN

1/5

p-20141114-00087_news

2/5

p-20141114-00090_news

3/5

p-20141114-00094_news

4/5

p-20141114-00100_news

5/5

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN p-20141114-00085_news

p-20141114-00087_news

p-20141114-00090_news

p-20141114-00094_news

p-20141114-00100_news

その後、80年代に入り、Emulatorが初めて商品化されたころ、細野は思い切って高いお金を出してその機材を購入し、ソロアルバム『フィルハーモニー』の制作にとりかかった。80年代は機材がどんどん進化していき、音楽的に非常に変化の大きな時期だったと彼は振り返る。そのころ細野はローランド社製の音楽用コンピューター「MC4」を扱えるようにもなっていたと言う。

「(MC4は)テンキーがついていて、音の長さ、強さ、音程をすべて数値で打っていくんです。例えばドの音は36あるいは48という具合に。初めて分解して音を組み立てていくことを覚えていったんです。そんな楽しいことに没頭しながら、いつの間にかアルバムができたので、このときは全然苦労はしていないです。端目から見たら、スタジオの床で寝たりしてつくっていたので、大変そうに見えていたでしょうけど」

レクチャーの終盤で細野は音楽をつくる作業の大変さをこんな風に語っている。「音楽っていうのは、難しいほど楽しいんですよ。楽しかったことの裏には常に難しさがあるんです」

好評発売中!!
『細野晴臣 とまっていた時計がまたうごきはじめた』
Amazonで購入する>>

「いまは音楽の話だけをしていたい」 ──懐かしい音楽の話は、お笑い、隕石、演歌、原発、敬愛する友の死などを経めぐり、また音楽の話へと戻ってくる。震災以降のもやもやを喫茶店でつれづれに語り明かした、3年にわたる、雑談ドキュメント。分福茶釜シリーズの第2弾となる本書は、前著同様、編集のお手伝いに本誌編集長が参加。平凡社刊

特集「RBMA Tokyo 2014」
レッドブルの「音楽学校」RBMAの挑戦
「RBMA Tokyo」を楽しむために知っておくべき7つのこと
進化するヒップホップと変わらないアイデンティティ
ジャンルが消えたとき、音楽は3次元に進化する
和楽器がヒップホップを新次元へと導く
廃墟×マスクのウェアハウスパーティー
音楽がつくられるプロセスは、かくも刺激的だ
なぜ音楽は真鍋大度を必要とするのか
「ベース・ミュージック」に継承されるサウンドシステムのDNA
ゲーム音楽はどこに向かっているのか?
ダ・ヴィンチが発明した16世紀の楽器、現代のクリエイター13人が考えた23世紀の楽器
tofubeats特別寄稿:音楽つくって何になる? 2014年と音楽と

TAG

ArtistMusicPhilosophyRBMARedbullVideo