死を民主化せよ:コロンビア大学院建築学部「デスラボ」の挑戦

写真拡大

人口がより集中し、無宗教の人々が増えているいま、都市においていかに「死」を組み込むかは、アーバンプランニングにおける重要な課題となりつつある。都市生活におけるライフ・サイクル、ライフ・デザインのなかに「死」を民主的に取り戻すこと。それが2013年に創設された「デスラボ」のミッションだ。(本誌VOL.14より転載)

「死を民主化せよ:コロンビア大学院建築学部「デスラボ」の挑戦」の写真・リンク付きの記事はこちら

KARLA MARIA ROTHSTEIN | カーラ・マリア・ロススタイン
建築家。コロンビア大学院の准教授であり、DeathLab(デスラボ)のディレクター。自身も同大学院で建築を学ぶ。2011年に行われた「死」のセミナーに参加し、死者に敬意を表すことができる都市空間の再構築を目指す活動を開始、13年のデス・ラボ創設にいたった。自身の建築事務所「Latent Productions」のデザイン・ディレクターとして、住宅やパブリックスペースをはじめとするさまざまな建築物も手がけている。

死者の人口増加

ワールド・トレード・センターがテロで倒壊して、およそ3,000人もの犠牲者を出したあと、跡地をどうするかという問題で侃々諤々10年近くも揉めたのには、その原因にテロがあったという事実を差し引いても、死者をどう弔うべきかという文化や宗教と深くかかわる問題があったからだ。死後、自分の体がどこへ行くのかという問題について言えば、全世界的な人口過多が指摘されるいま、これからどんどん増える遺体の数に対し、わたしたちが「墓場」として認識しているスペースが特に都市圏においていつか足りなくなるということは、しごく現実的な、当たり前の話である。

そんな人類全体が抱える問題に取り組む「デスラボ(死の研究所)」が、コロンビア大学に2013年設立された。地球環境工学、宗教学、建築学、都市政治学といったさまざまな分野における研究者やリサーチャーが参加するこのラボを取りまとめるのは、建築学部で教鞭をとるカーラ・マリア・ロススタイン准教授だ。

公共機関をテーマにするスタジオ(大学院生が参加する建築学の実技セミナー)で教えるうちに、都市部の周辺に興味をもち、そこから都市の周辺にある墓地について関心をもつようになったというロススタイン。

「生きる市民は墓地ではあまり多くの時間を過ごさないし、墓地はフェンスが張り巡らされていて、外の世界と通じる口は数少ない。生きる人間のためのスペースと、死者のためのスペースの間の緊張関係から発展して、死者を隔離する状態は、社会にとって適切でないと感じるようになりました。過去10年間は、追悼の場所を、都市における生活に再統合する可能性を考える研究をしてきました」

「誰かに止められないことを祈りながら」静かに行っていた研究が、建築学部のマーク・ウィグリー学部長の支援を受けて、ラボを開くに至った。これはコロンビア大学が、死者を将来どう取り扱うべきかが重要な問題であることを認識したということでもある。

「これは重大な問題です。人口が増加するということは、死者の数も増えるということ。(死者を埋葬する)伝統を都市生活に取り入れることを検討することが必要になっているにもかかわらず、適切な計画は存在しない」

死者のためのスペース問題がどれだけ深刻かを理解するために、ひとつの例を話してくれた。ニューヨークから生まれる棺桶を、市内の交差点に並べてみるとしよう。棺桶を並べ始めて半年もしないうちに、ニューヨークのエリアがひとつまるまる埋まってしまう。10年も経てば、市内の大半は棺桶で埋まってしまうのだ。

雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

最先端のサイエンスとテクノロジーが、わたしたちの「生と死」を更新しようとしている。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。特集の詳しい内容はこちら。


TAG

ArchitectureDesignFuture of DeathMagazineUniversityVol14

研究員や学生のオフィス。ロススタインと同じく建築専攻の割合が高いが、環境工学や宗教哲学などさまざまな分野の人々がここで働く。

ピクニックは墓地で

ロススタインのスタジオでは、大学院生や研究者たちとともに、「死者のための場所」を、さまざまな角度から再検討する。例えば墓地の歴史を考えてみよう。ローマ帝国の市民たちにとって、墓地はピクニックの場所であり、定期的に訪れる場所だったという。1838年に建設された世界でも最大の墓地のひとつニューヨーク・グリーンウッド墓地も、同様の目的を念頭にデザインされた。

「屋外の彫刻庭園でもあり、美しいゴージャスな空間です。ブルックリンの最も高度のある市内を見渡せる場所に、馬車に乗って動きまわったり、散歩をすることを考慮してデザインされた。死者を埋葬する場所であったと同時に、生きる者たちのための場所でもあったのです」

しかしいまは、ほとんど満杯の状態で、フェンスが張り巡らされて隔離されている。ニューヨーク市で出る死者の数が週平均1,000人であることを考えると、既存の墓地が今後、死者を受け入れ続けられる可能性はきわめて低い。都会における墓地の値段が高騰しているから、より遠い場所に墓地を購入するという選択肢をとる人も増えている。この問題に直面しているのは市民だけではない。従軍者の遺体を埋葬するアーリントン墓地のスペースが手狭になりつつあることを受けて、アメリカ退役軍人省は、2014年5月、ニューヨーク州北部に、132エーカー(約16万坪)の巨大な土地を購入した。けれど、遠くの土地に遺体を埋葬する方法は死者を遠ざけているだけで、追悼の場所は、社会により近いところにあるべきだとロススタインはいう。

「統計的に、遺された人々が墓地を訪れる回数は、死後2年以降、下落します。墓地という不動産を恒久的に所有する必要があるのかという問題もある。墓地には死者を社会から隔離するというネガティヴな要素もあります」

空間の問題だけではない。アメリカでは無宗教を選択する人口も、シングル人口も増えているのだ。現在の埋葬のやり方の多くは、宗教観に深く結びつき、自分を埋葬してくれる家族がいるという前提で維持されている。

「墓地を恒久的にもつというやり方は、現実的でないうえに、特権的でもある。だからラボには『死を民主化する』というサブタイトルがついています。誰であろうと、死後には敬意を払われるべきだと思うから」

ラボ内にはグラフやチャートが所狭しと貼られている。視点を新たにするために、グラフィカルな3Dモデリングなどが用いられている。

雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

最先端のサイエンスとテクノロジーが、わたしたちの「生と死」を更新しようとしている。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。特集の詳しい内容はこちら。


TAG

ArchitectureDesignFuture of DeathMagazineUniversityVol14

「時の流れ」を表現したイ・ジョンテクの作品。彼ら学生たちはリサーチのほか、建物や空間のデザインにも多く取り組んでいるため、ラボ内で模型や立体物の制作が頻繁に行われる。

火葬のオルタナティヴ

北米火葬協会(CANA)の統計によると、1990年代からアメリカ人による火葬の数は、埋葬に比べて増加の一途にある。増加傾向は、リーマン・ショック以降顕著で、加速度的に上がっている。墓地が決して安くない不動産であることを考えると、景気との相関関係は明らかだ。だが、火葬を選択するアメリカ人が今後増え続けたとしても、「墓地」のコンセプトを抜本的に変えない限り、根本的な解決にはならないとロススタインは指摘する。

「火葬だと、棺桶よりも小さいスペースで済むわけですから、埋葬よりはいい選択肢かもしれません。けれど大量の二酸化炭素を排出するため、環境的な問題が発生します」

そこで登場するのが、よりカッティング・エッジな埋葬の方法だ。

「例えば『プロメッション』と呼ばれる新しい方法があります。遺体を有機的な存在とみなすやり方です。液体窒素を使って、遺体を凍結し、ヴァイブレーションを使って粉状の肥料にする。それでも遺体の重さの3分の1の肥料が出る。アルカリ性の加水分解を使った化学的な火葬の方法もあります。遺体をDNAをもつ液体と灰にしたり、DNAのない白い粉にすることができる。この方法だと化石燃料は必要ない。環境の見地と空間的現実を考えたとき、こういった方法は新しい可能性を提案しています」

また、火葬されたあとに、灰を川や海、山といった自然のなかに灰を撒く「ナチュラル・ベリアル(自然葬)」を希望するアメリカ人も増えている。けれど、こちらの方法にもまた、追悼の場所が生きる社会から遠くなるという問題が残る。 

だからこそ、ラボではいま、伝統的な要素から完全に切り離した追悼の方法を考えることを提案している。例えば、ラボで考案されたプロジェクトのひとつに、マンハッタンとブルックリンをつなぐマンハッタン橋の下腹部を追悼の場所に使うというアイデアがある。下腹部から舟状になった容器を吊るし、そこでメタン生成を使って1年かけて遺体を分解させる。分解のプロセスで発生するエネルギーがライトを点灯させる。ライトは1年の間、徐々に弱くなり、1年経ったときに、容器は次の死者に使われる。マンハッタン橋の下にある公園は、遺族にとって常に追悼の場所でありつづける。これは、ラボが提案する新しい可能性のほんの一例だ。

「死者たちの存在を、生きる社会の一部に還元し、人類として集合的な未来が脆い存在であることを認識しながら、未来について倫理的な責任の見地から考えることが、ラボとしてのアジェンダのひとつです。この地球上でわたしたちがとる行動は、未来の世代に影響をおよぼします。死者を隔離し続けることは、こうしたことを考えないことなのです」。


DeathLab 3つのリサーチから

都市に住まうわれわれは、死といかに向き合えばいいのか。環境工学から建築学、都市政治学や宗教学まで、デスラボに参加する学生やリサーチャーによる学際的な研究が導き出す、いくつかの解答。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN deathlab_01

1/3Kimberly V.K.H. Nguyen
「宗教」「不動産」「エネルギー」は葬儀や墓地をはじめ、死に深く関係している。3つの関係性を探り、それらの「無関心のメカニズム」をグラフィックにしてみると、まるで細胞のようになった。

deathlab_02

2/3Jen Eletto and Kimberly V.K.H. Nguyen
人々の日々の行動や儀式の質を視覚化するプロジェクトのなかで、食料を買って帰宅する人々の様子を分析した。すると、それは出勤の行動と類似していることがわかった。生活から死を考えるリサーチのひとつだ。

tumblr_mc39fgg7so1rfmkv5o1_1280

3/3Aya Maceda, Emily Built and Shawn Conley
埋葬方法の効率を地上、地下それぞれマッピングしてみたところ、地上も地下も利用のされ方がとても非効率であることがわかった。また、最も効率のよい埋葬法はフリーズドライだとの示唆も得ることができた。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN deathlab_01

Kimberly V.K.H. Nguyen
「宗教」「不動産」「エネルギー」は葬儀や墓地をはじめ、死に深く関係している。3つの関係性を探り、それらの「無関心のメカニズム」をグラフィックにしてみると、まるで細胞のようになった。

deathlab_02

Jen Eletto and Kimberly V.K.H. Nguyen
人々の日々の行動や儀式の質を視覚化するプロジェクトのなかで、食料を買って帰宅する人々の様子を分析した。すると、それは出勤の行動と類似していることがわかった。生活から死を考えるリサーチのひとつだ。

tumblr_mc39fgg7so1rfmkv5o1_1280

Aya Maceda, Emily Built and Shawn Conley
埋葬方法の効率を地上、地下それぞれマッピングしてみたところ、地上も地下も利用のされ方がとても非効率であることがわかった。また、最も効率のよい埋葬法はフリーズドライだとの示唆も得ることができた。

YUMIKO SAKUMA︱佐久間裕美子
ニューヨーク在住ライター。iPadマガジン『PERISCOPE』編集長。著書に『ヒップな生活革命』(朝日出版社)。

雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

最先端のサイエンスとテクノロジーが、わたしたちの「生と死」を更新しようとしている。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。特集の詳しい内容はこちら。


TAG

ArchitectureDesignFuture of DeathMagazineUniversityVol14