2人の死者を出した温泉「減圧室」の実態とは

ざっくり言うと

  • 埼玉県ふじみ野市の温泉施設で9月、減圧室にいた男性と女性が死亡した事故
  • 減圧室は約15分で気圧を高度3500メートルと同程度までに自動的に減圧する
  • 室外との気圧差のため、稼働中は内側からは自由にドアを開けられないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング