ウーマンラッシュアワー 村本大輔

写真拡大

お笑い芸人たちが一夜限りのコンビを結成する「ドリームマッチ2014 夏祭り」(TBS系)が6日放送され、コメディアン・志村けんとお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワー村本大輔が因縁の対面を果たした。

村本がドリームマッチでコンビを組んだのは、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇。村本は1カ月前に出演した別番組の収録で、吉村から「アドリブの聞かない台本人間」と言われたことを恨んでおり、この日の本番では、ネタを勝手に変えるという暴挙で復讐してみせた。

吉村は突然の展開に取り乱し、舞台の電球を消すという意味不明な行動に出ると、「もうネタなんて関係なねえよ!」「もういい!」とブチギレ。暴走し始めた吉村は、審査員の志村けんに向けて「前ね、ラジオでこいつ(村本)の漫才何言ってるか分からないって言ったでしょ。そうなんです、こいつおもしろくないんですよ! 何言ってるか分からないんです」と述べ、以前志村がラジオ番組で「村本批判」をしたことに触れた。

村本がすかさず「志村さんも早口過ぎて何言ってるかわからない!」と反論するも、吉村からビンタされ「こうなったら全員敵だ!」と村本は大暴れ。この間、志村は2人の破天荒な漫才に大笑いしていた。

志村が村本を批判したのは、今年1月のTBSラジオ「志村けんの夜の虫」でのこと。ウーマンラッシュアワーが「THE MANZAI 2013」で優勝したことに触れ、「あいつら、何なの?」「全然何言ってるかわからないの」と厳しい意見を述べていた。

志村の発言はネット上で話題となり、村本の耳にも届くことに。「ナインティナインのオールナイトニッポン」にゲスト出演した時に村本は、「(志村のことが)大好きやったんでちょっとショック受けた」と話していた。

このような経緯があったことから、村本はドリームマッチの放送後、ツイッターに「楽屋で志村さんにめっちゃ褒めていただいた。ありがたい」とよろこびの声を投稿。優勝は逃したものの、得たものは大きかったようだ。

村本はまた、ツイッターに「打ち合わせでガチのケンカしたらまわりが爆笑したので、ネタでけんかネタを作ったらそれはしょせんネタのけんかでしかなかったので本気でけんかするなら、誰にも言わず本番でぶっこむしかありませんでした」と、今回のネタについて解説。「案の定、あいつ(吉村)の底力のすごさ。そして僕のあのメンバーを目の前にしての勇気。作戦成功!」と自画自賛しながら吉村を労った。


【関連記事】
志村けんがTHE MANZAI 2013王者・ウーマンラッシュアワーに厳しい評価 「何言ってるか分からない」「大人は絶対笑わないよ」
ウーマンラッシュアワーの村本大輔がTwitterで「豚」と言われ反論 「ブスで豚やけどモテる!」と豪語
村本大輔が「月収は98万円」とテレビ番組で暴露 山里亮太や西野亮廣は村本よりさらに稼いでいることも明かす
明石家さんま、号泣県議に白旗「アイツは俺よりおもしろい」