コーヒーの飲み過ぎはNG?何杯までならOK?
文章を書く仕事をしているせいか、どうしても1日デスクに座っているので、仕事のお供にコーヒーを10杯以上飲んでしまいます。ただ、その状況を見た人に、良くないと注意されるかと思えば、一方では飲み過ぎぐらいが健康にちょうどいいと太鼓判を押されたりもします。一体、何が正しいのでしょうか?

コーヒーの飲み過ぎについて

という質問が、aitapさんからも教えて!gooに寄せられています。本当にコーヒーの飲み過ぎは体に悪いのでしょうか?回答者の皆さんの言葉を参考に、真相を探ってみたいと思います。

■コーヒー愛飲者は「健康」と主張

回答をざっと見回すと、コーヒーを過剰に愛飲しても、何の問題も無いと回答している人が目立ちました。

「もう20年以上飲んでいますが、健康診断でも異常は見当たらないようですよ?」(ttymさん)

「1日に10杯以上飲みます。いつもブラックです。コーヒーの飲み過ぎが理由で体を悪くしたことはありません」(nokorusakuramoさん)

「コーヒーには健康にいいさまざまな成分が含まれています。ですので、毎日飲んで、どんどん健康になっちゃってください」(noname#75315さん)

といった回答です。

■コーヒーの過剰摂取は健康に良くないという意見も

しかし一方で、コーヒーの過剰摂取には問題があると指摘する回答も多く見られました。

「ブラックでは刺激が強く胃腸障害、砂糖やミルクを入れれば糖尿病などの要因になることがあるでしょう」(dandy-yuchinさん)

「東洋医学アーユルヴェーダでは(中略)…(コーヒーを)摂り過ぎると燃え過ぎてしまって、炎症が起きたり、痔(になったり)、怒りっぽくなったり、はげ、薄毛を加速したりするという傾向があるようです」(yoyosさん)

カフェインの摂り過ぎは体内のカルシウムを流出させてしまうようです(中略)…妊娠したときもカルシウムが必要なので(中略)…控えるかカフェインレスのコーヒーにしたらいい」(chikabonさん)

という意見です。yoyosさんの回答の中にある、はげ・薄毛の加速は怖いですね。しかしいずれにせよ、意見は分かれました。

気になったので手元の医療関係の書籍を調べてみたのですが、chikabonさんの回答、カフェインが排尿の際にカルシウムまで流出させてしまうという点に関しては記載がありました。

また、妊婦の方は、胎児の発育にカフェインが悪い影響を与える可能性があるので注意した方がいいとも指摘されています。健康な方でも、コーヒーの過剰摂取で骨の密度が低下してしまう恐れもあるみたいです。

カナダ保健省の情報も調べてみましたが、カナダではコーヒーは1日マグカップで3杯までが健康な成人の限度量と考えられているようです。何でも飲み過ぎは毒になるのでしょうか?他にもカフェインレスコーヒーなら毎日飲んでも平気ですか?という質問もあります。参考にしてみてくださいね。

坂本正敬 (Sakamoto Masayoshi)