アンドレア・ノートンさんが足を滑らせたのは有名な撮影場所だという/Shutterstock

(CNN)米アーカンソー州のオザーク国有森林内にある人気の撮影場所で、女子大生のアンドレア・ノートンさん(20)が自撮りの最中に崖で足を踏み外し、約30メートル落下して死亡したことが17日までにわかった。

同州ニュートン郡の保安官事務所によれば、ノートンさんはクラス活動の一環で14日に森林内にある有名な撮影場所「ホークスビルクラッグ」を訪れていた。

目撃者によると、ノートンさんは写真のために姿勢を変えたところ崖から落下した。CNN系列局KYTVが伝えた。

保安官によれば、救急隊員61人が現場に派遣された。ノートンさんは現場で足を踏み外し、約30メートル落下していた。生徒たちを引率していた教授は20年以上にわたって同地を訪れていたという。

ノートンさんは、生物学や環境科学など3つを専攻。女子バレーボールのメンバーでもあった。学校は弔意を表明し、優秀な学生だったとたたえた。

保安官は、ホークスビルクラッグは毎年何千人も人が訪れる景勝地だが、足を踏み外すなどすると素晴らしい1日が一転して悲劇に変わるとして注意を呼び掛けた。