北海道・胆振地方で震度6弱胆振東部地震とほぼ同じ震源

2019/02/21 23:28 ウェザーニュース

21日21時22分頃、北海道で最大震度6弱の地震がありました。震源は胆振地方中東部、震源の深さはおよそ30km、地震の規模を示すマグニチュードは5.8と推定されます。この地震で厚真町では最大震度6弱を、安平町、むかわ町で震度5強、札幌市や千歳市で震度5弱を観測しました。※23時20分をもって震源情報が更新されました。地震の規模は、速報値のM5.7から暫定値のM5.8に変更となっています。

昨年の胆振東部地震とほぼ同じ震源

2018年9月6日に発生した、M6.7、最大震度7を観測した北海道胆振東部地震とほぼ同じ場所で、防災科学技術研究所の速報解析によるとメカニズムも東北東-西南西方向に圧縮軸を持つ逆断層型で、余震もしくは一連の活動と考えられます。9月6日以降の地震では地震の規模、震度ともに最大のものとなります。揺れが強かったエリアでは落下物や建物への影響、急斜面では土砂崩れや雪崩などに警戒が必要です。

今後も強い揺れを伴う地震の恐れがありますので、就寝の際は周囲に倒れやすいものや落下しやすいものがないか確認するようにしてください。