北朝鮮の金委員長が習主席に祝意、中国新指導部発足で

写真拡大

[ソウル 26日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は26日、中国の習近平国家主席に新指導部の発足を受けて祝意を伝えた。北朝鮮の国営メディアが伝えた。

金委員長がこうした個人的なメッセージを送るのはまれ。

24日に閉幕した中国共産党大会では、党規約に習氏の名前を冠した政治思想習氏が盛り込まれ、習氏は毛沢東以来最も強大な指導者の地位を固めた。

朝鮮中央通信(KCNA)によると、金委員長はメッセージで「2党と2国の関係が両国民の利益にかなう形で発展していくとの確信を表した」という。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)