北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記(タス=共同)【北京共同】北朝鮮メディアは23日、金正恩朝鮮労働党総書記が22日に「戦術核」を使った反撃を想定した初めての訓練を指導し、担当部隊が超大型放射砲(多連装ロケット砲)を発射したと伝えた。韓国軍が22日に確認した弾道ミサイル数発を指すとみられる。23日付の党機関紙、労働新聞は、米韓両空軍が12日に始めた合同訓練について、北朝鮮への「軍事挑発」だと反発。北朝鮮の担当