マツコ・デラックス

写真拡大

9日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが、22日投開票の解散総選挙をめぐり、政治家に対する失望を語った。

番組では「各党キャッチフレーズ合戦」と題して、今回の総選挙に際して与野党のキャッチコピーをまとめた読売新聞の記事を取り上げた。

8日に開かれた党首討論について、「イライラするので見なかった」というマツコ。テレビが選挙の話題でもちきりであることに触れ、「私たちは何につきあわされてるんだろうってほんと思うよね」と冷めた口調で印象を述べた。「そもそもが、なんで解散したんだろうから始まって、何を私たちは聞かされてんだろう」と解散の理由からして疑問ばかりの様子だ。

マツコは政治家について「自分たちのことしか考えてないんだろうね」「だから響いて来ないんだと思うんだよね。本当に私たちのことを考えて言ってたら、もうちょっと胸に刺さるものがあるんだと思うんだよ」といい、政治家の言葉に対する不信感を述べていた。

【関連記事】
マツコ・デラックス 小池百合子氏は「器が小さい」と指摘「バカじゃないと総理はできない」
加藤浩次 衆議院解散をめぐる野党側の姿勢に疑問「喜ぶべきじゃないですか?」
マツコ・デラックス 衆議院解散に持論「戦略的に完璧なタイミング」