11月場所は横綱鶴竜(32)の正念場――なのは間違いないが、白鵬(32)、稀勢の里(31)、日馬富士(33)の3人にとっても、今後を左右する分水嶺となりそうだ。

 99年ぶりに3横綱2大関が休場するという異常事態の中で行われた9月場所。賜杯を手にしたのは横綱の意地を見せた日馬富士だったものの、無視できないのが若手力士らの躍進だ。

 中でもスポットライトを浴びたのが、三賞を獲得した3人。殊勲賞の貴景勝(21)は1横綱1大関を破り、9勝6敗。小柄だが、押し相撲のセンスは上位陣にも引けをとらない。敢闘賞の阿武咲(21)は、以前から「アイツはものになる」と言われていた注目株。1横綱1大関に2日連続で土をつけ、10勝5敗。来場所は三役が濃厚だ。同じく敢闘賞の朝乃山(23)は、新入幕ながら終盤に優勝争いに加わる大番狂わせを演じた。

 負け越したとはいえ、北勝富士(25)も金星を獲得し、大翔丸(26)も2ケタ勝利。上位陣が軒並み休場する中、9月場所が盛り上がったのは彼ら若手の健闘もあってこそだ。

■露骨な“かわいがり”には非難も

 土俵の将来を考えれば若手が結果を出して自信をつけるのは良いこととはいえ、上位陣はそんな悠長なことも言ってられない。世代交代ともなれば、力士寿命にも関わる一大事。波に乗る若手力士たちを11月場所で蹴散らすことが出来なければ、いよいよメシの食い上げともなりかねない。

 ある親方は「過去の横綱たちはそうした若い芽を潰してきた」と、こう話す。

「俗に言う“かわいがり”ですよ。横綱は直近の場所で敗れたり、伸び盛りの若手が出てくると、出稽古や巡業でコテンパンに叩きのめしてきた。そうやって、『あの人にはかなわない』と恐怖心を植え付け、世代交代を抑えていた。朝青龍のように、稽古でケガをさせる横綱も珍しくはなかった。でも、例えば稀勢の里や鶴竜は『若手を潰してでも……』という性格ではない。さらに言えば、昔のような露骨なかわいがりをすれば、今はすぐに『やりすぎだ』と非難されてしまう」

 そもそも、ケガ明けの稀勢の里は自分の調整だけで精いっぱい。満身創痍で孤軍奮闘した日馬富士は来場所の出場が不安視されている。若手を「かわいがり」でおののかせている白鵬も、左ヒザ痛で秋巡業への参加には慎重になっている。崖っぷちの鶴竜は当然として、他の3横綱も若手を気にしている余裕はない。

 11月場所は新旧世代交代の序章となるか。