コンサル企業の初任給ランキング 1位は年収1000万円超

写真拡大

就職先として検討中の企業が、どれくらいの給与を従業員に払っているかを知るのは難しい。それでも、履歴書を送る前に調査をすべきだ。

コンサルティング企業に関しては、マネジメント・コンサルテド(Management Consulted)の年次報告書を参照すれば報酬が高い企業を知ることができる。同社はマッキンゼー・アンド・カンパニーの元社員ケビン・ガオが2008年に設立し、コンサルティング業界への就職希望者を対象として業界情報や履歴書・面接関連サービスを提供している。

同報告書は業界関係者からの情報を基に、コンサルティング企業が大学と大学院の新卒者に支払う給与・賞与などをまとめている。大学新卒者に対する報酬が高いコンサルティング企業は次の通り。(かっこ内数字は前者が基本給、後者が業績賞与)

1位 パルテノンEY(9万ドル、最大1万ドル)
2位 ストラテジーアンド(8万5000ドル、最大8500ドル)
3位 ボストン・コンサルティング・グループ(8万4000ドル、最大1万6800ドル)
4位 ベイン・アンド・カンパニー(8万3500ドル、最大1万2525ドル)
5位 マッキンゼー・アンド・カンパニー(8万3000ドル、最大1万8000ドル)
6位 アクセンチュア・ストラテジー(8万〜8万5000ドル、最大8500ドル)
7位 デロイト(7万8000ドル、最大1万1700ドル)
8位 オリバー・ワイマン(7万7500ドル、最大1万5500ドル)
9位 アーンスト・アンド・ヤング(7万5000ドル、なし)
10位 L.E.K(7万4000ドル、最大1万4800ドル)

業界動向

マネジメント・コンサルテドによると、大手コンサル企業の多くでは、デジタル戦略分野でのサービス需要増加などを背景に、過去1年の間に売り上げが7%〜13%増加した。この新たな需要により、コンサル業界ではデータサイエンティスト、ソフトウエア専門家、エンジニアの雇用機会が増えている。また上位企業では最近、全体として給与が4〜5%伸びている。

大学新卒者の報酬

大学新卒者の基本給が最も高かったのは、アーンスト・アンド・ヤング傘下のパルテノンEYだ。同社が大学新卒者に支払う基本給は9万ドル(約980万円)。業績賞与は最高で1万ドル(約110万円)だった。また、入社時の契約金は1万ドルで、新入社員が転居を必要とする場合は最大2000ドルを支給している。

第2位はプライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)傘下のストラテジーアンドで、基本給は年間8万5000ドル(約930万円)、賞与は基本給の最大10%分を支払っていた。入社時の契約金は1万ドルで、必要な場合は最大8000ドルの引っ越し手当もある。

第3位にランクインしたのはボストン・コンサルティング・グループで、大学新卒者の基本給は8万4000ドル(約920万円)。業績賞与はなんと最大1万6800ドル(約180万円)だ。入社時の契約金は5000ドル、引っ越し手当は最大8000ドルだった。

院卒者の報酬

経営学修士(MBA)やその他の修士課程を修了した新入社員の給料は、学部卒の新入社員よりも高い傾向にある。修士課程以上の学歴を持つ新卒生の基本給がトップだったのは、またもやパルテノンEYで、17万ドル(約1860万円)だ。業績賞与は最大9000ドル(約100万円)。

第2位はマッキンゼー・アンド・カンパニーで、年間基本給は15万2500ドル(約1670万円)。業績給与は最大3万5000ドル(約380万円)だった。第3位はL.E.K で年間基本給15万ドル(約1640万円)、業績給与は最大2万5000ドル(約270万円)。またL.E.Kでは、インターン生が同社に就職すると、追加で2万5000ドルの賞与を支給している。

賞与に関して

多額の業績賞与に心引かれたとしても、これはあくまで実績を出した人のためのものなので注意しよう。マネジメント・コンサルテドによると、大半の会社では、新卒生の中で提示された賞与の最高額を受け取ることができるのはトップの5〜10%のみだという。ボーナスのために努力する心積もりもしておこう。