タイ人女性はまじめに仕事をするが、少し時間ができるとSNSを始めたり、お菓子を食べ始めたりする

写真拡大

 タイには日系企業が1783社あり、在留邦人者数は70337人がいる(外務省発表「海外在留邦人数調査統計」2016年10月1日時点)。そのうち民間企業関係者本人が32841人で、大半がいわゆる駐在員や現地採用者と呼ばれる身分になる。

 最近は中期出張などで事前にタイに長く滞在したり、元々タイが好きだという人も増えて、タイで働くことへの戸惑いは、初めての赴任でもそれほど強いものではないようだ。しかし、タイで働く日本人の中にはタイ人の同僚や部下に対して不満を持つ人も少なくない。

 愚痴の中でよくあるのが「タイ人は長く続かない」というもの。

◆「タイ人は長く続かない」理由

 タイ人は働くことに関してかなりドライに考えている。日本人のような愛社精神、次の就職への有利・不利を考えることはなく、わずか1000バーツ(約3000円)でも額面が上がるのであればすぐさまそちらに転職してしまうことも少なくない。

 タイ人男性チャチャイさん(43歳)に話を聞いた。彼は日本の大学を卒業して日本語ができることから、日系企業を転々としている。

「給料が少しでも高いところで働きたいですし、環境を変えるために5年をめどに転職しています。いつかは田舎に帰ってゆっくり暮らすつもりなので、会社でスキルを上げることは考えていません」

 さらに、チャチャイさんの言葉からもわかるように、タイ人は誰しもいつかは生まれ故郷に帰るつもりでいる。日本人の「畳の上で死にたい」に似た感情が、特に地方出身者は強いのである。会社経営者であろうが風俗嬢であろうが、いつかは田舎に帰って余生を過ごすことを望んでいるのだ。畑仕事をするかもしれないし、雑貨店を開くかもしれない。いずれにしても田舎の暮らしには会社員のスキルは不要、というわけだ。

 ある意味では合理的な考え方をしているとも言える。長く続ける気があるかないかではなく、将来的に不要なスキルを身につける気はなく、少しでも給料が高い方がいいというだけのようだ。

◆「長く続かない」のは本当か?

 ただ、タイ人が長く続かないという見方は、決して一般論としては正確ではない。タイ企業に勤めるタイ人で勤続20年30年というのもまったく珍しくはない。

 長く勤めるタイ人のタイプを見ると

1.条件が非常にいいから
2.環境を変えたくないから
3.ほかを知らないから

 という3つに分類される。

 タイプ1はなにかスキルを持っている人か高学歴に多い。タイではより優秀な人は自分で起業するか、欧米の外資企業に勤める。日系企業はタイ企業に勤めるよりも給与はいいが、欧米系の方が優秀な人材に惜しみなくサラリーを増額する傾向にあるという。また、タイ語は文法が日本語よりも英語に近いことから英語スピーカーのほうが多いので、タイ人にとっても日系よりはハードルが低いというのもあるだろう。

 タイプ2と3は保守的な人に多い。極端な例になるが、バンコクに近郊にある漁港で話した50代の男性は日雇いで漁師を40年以上も続けているが、天候が悪いと出港しないために日銭が稼げなくなるという、ワーキングプアのような生活を送っていた。それでもほかに働く方法がわからずに漁師を続けていた。ある意味割り切っていてすごいのは、稼げない間は道端で物乞いをしているのだという。

 いろいろなタイプがいるが、実は勤続年数の長いタイ人も少なくないのである。さらに言えば、タイの場合は特に女性の社会進出も著しく、女性のほうが長く続く印象はある。

◆「会社員生活」の認知度もまだ低い

 ただ、そもそもタイでは会社員というライフスタイルが定着したのがせいぜいこの30年くらいだ。つまり、今40代のタイ人の親が会社員というのはあまり多くない。20代であれば今でこそ会社員一家はそこそこにいるが、まだ今のタイの会社に対する考え方は日本の昭和50年代にすら到達していないくらいとも言われる。

 若いタイ人にとって「会社員生活を満喫している人」というモデルがあまりおらず、まだ会社で働くことにピンときていない部分も少なからずある。そんな状況である上に、概念や育ってきた文化などのバックグラウンドがすべて違うのだから、日本人同士のように1を言って10を知ってもらうことが当然とは思わない方がいいのかもしれない。

<取材・文・撮影/高田胤臣(Twitter ID:@NatureNENEAM)