災害時に役立つ知識を情報発信している、警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai)が、もしもの時に使える『ビニール袋でポンチョを作る方法』を紹介し、話題になっています。

慣れれば数分で作れる!

用意するのは、大きめのビニール袋(ゴミ袋など)1枚と、ハサミだけ。

画像のビニール袋に描かれた『黒線部分』を切っていくことで、ポンチョができあがるというとてもシンプルな方法です。

この『ビニール袋ポンチョ』を実際に作り、着用してみたらどうなるのか、試してみました!

実際に作ってみた!

まず、ビニール袋の底の部分を手前にして作業開始です。今回は45Lのゴミ袋を使いました。

覚えてしまえば線を引かなくても作れますが、今回は分かりやすく、切る部分をペンで書き込んでから作成します。

このポンチョには「フード」になる部分と、首と体の前で結ぶ「ヒモ」の部分があります。

ツイートには各部の大きさの指定がないので、フードは横幅29cmという大きさに。ヒモになる部分の横幅は2.5cm、長さ(縦)を18cmにしました。

大きさは、着る人の体に合わせて調整してください。

体ヒモ側の端を切り開いて完成です。

フード部分に手を入れて持ち上げてみると、こんな形になりました。

被ってみるとこんな感じに。

身長173cmの男性の場合だと、上半身がやっと隠れるくらいです。152cmの女性が被ると、すっぽり覆われます。

雨は防げそうですが、気になったのが「暑い」ということ。

冷房をかけたオフィスでも暑く感じたので、夏場の長時間の使用は難しいと思います。反面、冬場であれば雨もしのげて暖も取れるので、一石二鳥の方法ではないかと感じました。

ビニール袋とハサミだけで作れるポンチョ。簡単なので、一度作ってみてはいかがでしょうか。その知識と経験が、もしもの時に役立つかもしれません。

[文・構成/grape編集部]