2017年6月20日、63年に及ぶ棋士生活にピリオドを打った加藤一二三・九段。

14歳で当時史上初の中学生棋士になり、「神武以来(じんむこのかた)の天才」という異名を持つ、まさに将棋界のレジェンドです。

一方、親しみやすいキャラクターから、TV番組にも多数出演する人気者に。現在は『ひふみん』という愛称で親しまれ、積極的にTwitterを利用するなど若い世代からも愛されています。

しかし、そんな風潮に「待った」をかけたのは、タレントのつるの剛士さん。

2017年7月20日に放送された日本テレビ系列のトークバラエティ『ダウンタウンDX』に出演し、こう発言しました。

将棋好きのファンからすると、こうやってバラエティ番組に出て、みんなから『ひふみん』と呼ばれていることが「加藤先生がどんな人だか知ってるんですか?」といいたくなる。

ダウンタウンDX ーより引用

実は大の将棋ファンだという、つるのさん。

番組では、フリップを使って加藤九段の実績を紹介するなど、先生をリスペクトする気持ちが強いと語りました。

だからこそ、レジェンドを気軽に『ひふみん』と呼んでしまう雰囲気に疑問を感じるという、つるのさん。

確かに、将棋界のレジェンドを捕まえて『ひふみん』と呼ぶことに、抵抗を感じるファンも少なくないようです。

そこで、同番組に出演していた加藤九段に、つるのさんがこの疑問をぶつけてみると…。

『ひふみん』と呼ばれるようになってから、もう10年くらいになります。

10年にもなると、どこのTV局でも『ひふみん』と呼んでくれますから。

もうハッキリいって喜んでます!

ダウンタウンDX ーより引用

めちゃくちゃフランク!!!

加藤九段らしい発言ですね。

MCの浜田雅功さんを含め、共演者からも感嘆の声が上がった加藤九段の言葉。

どんなに素晴らしい実績を持っていても、偉ぶったところのない加藤九段…多くの人に愛される理由は『ひふみん』のこんな気さくな言動にあるのかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]