山下智久 ジャニーズ入所後の「洗礼」を告白「ヤバい、こういう世界なんだ」

写真拡大

12日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で、山下智久が、ジャニーズ事務所に入った際に受けた「洗礼」を明かした。

番組では、山下がゲストで登場し、入所時からの芸能活動を振り返っていた。入所したとき、山下は最年少の11歳であり、敬語使いに苦労したという。中学2年生や3年生の先輩にタメ口で話しかけた結果、「かなりの洗礼」を受けたそうだ。

「洗礼」の詳しい内容は明かさなかったが、山下は萎縮し、「ヤバい、こういう世界なんだ」と、芸能界の厳しさを肌身で感じたという。

【関連記事】
山下智久 「下ネタ言わない」発言でタモリに招集される
山下智久 2年間口を利かなかったジャニーズタレント
山下智久が「エゴサーチ」をよくすると告白「結構反応してくれてる」