松居一代(60)

写真拡大

 7月12日発売の「週刊新潮」報道を受け、さっそく松居一代(60)は「【第6弾】お暑いのに、ごくろうさま」と題する動画を投稿した。

 動画内で松居は、〈(週刊新潮)私の居場所を突き止めてきた〉〈でも、残念でした(中略)おばあちゃんのところから去っていたんです。女の勘ってのはすごいんです〉と、これまで居候をしていた“89歳のおばあちゃん”宅を出ていることを明らかにしている。

 この謎の“おばあちゃん”の正体は、松居の一連の動画を撮影した協力者の祖母。以下は、7月10日に行われたおばあちゃんへとの一問一答である。

 ***

 ***

記者:週刊新潮です。松居一代さんに会いに来たのですが。

おばあちゃん:全然わかりません。どこでそんなことを聞いて来たんですか?私、娘にそれこそうんと怒られているの。だから騒がないで静かにしておいてよ。

松居一代(60)

記者:松居さんのブログに顔があがってましたが……。

おばあちゃん:私も参った参ったですよ。だって、私一般人ですよ。

記者:松居さんとは御知り合いとかでは?

おばあちゃん:私?ぜんぜん?

記者:松居さんはいつまで滞在されるつもり?

おばあちゃん:私は全然知らない。ノー。ノータッチ。

記者:松居さんは今は二階に居る?

おばあちゃん:いえいえ、今はウチのお嫁さんのお母さんが寝ているよ。

“そんな有名な方なんだ”

記者:松居さんは元々、お孫さんの知り合いですよね?

おばあちゃん:まあまあそうだけどね。だけど知らない。

記者:まあ突然来たわけですからね。お孫さんはおばあちゃんだと優しくしてくれると思ったのでしょうか。

おばあちゃん:あなた方みたいな人がいるから、あっち(松居自宅)に居た時には一歩も外に出られなくて、自由がきかなくなっちゃうから。それで、孫がちょっとお手伝いしてあげて、なんとか落ち着くまでウチに来たら、って言ってウチに連れて来たの。

だから、なんで来たのか……あんな有名人ですもんね。その時はまだテレビで騒いでなかったのよ。なんでこんな大女優がウチに孫と一緒に来るのかなって。孫とは、あの方の息子さんがお友達だったんですよ。前にも松居さんの家に泊まりに行ったことがあるのよ。それで松居さんの事もウチの孫は知っていたのよ。それで、あんまり自由がきかなくて、あなた方みたいな人が追っかけているから、一歩も外に動くことができないから、それでしょうがなく、ちょこっと手伝いして……。

記者:荷物とか全部持って来たのでしょうか。

おばあちゃん:荷物は少々持って……。

記者:最初、松居さんって分かりました?

おばあちゃん:初めはちょっと分からなかった。それで、「名刺を持っていたらください」って言ったら「持っていない」って言うし、なんだろう?って思ってた。そしたら段々テレビでやり始めてびっくりして。「なんだ、そんな有名な方なんだ」ってびっくりして。だから、静かにしててくれない?

記者:僕らも騒ぎ立てるつもりはありません。

おばあちゃん:こうなることが娘たちに怒られてるのよ。だって、こういうことがあると近所中が騒ぐと、あの人も出られないうえに、私があんな風にテレビに出ると思わないから、「おばあちゃんおばあちゃん」ってあんまり言うから。それで「2人で写真撮ろうー」とかって言うから撮ったら、それが出ちゃったのよ。

記者:最初は2人でお写真を撮ろうというだけで、ブログに載せるつもりなのは知らなかった?

おばあちゃん:そうそう。私はよく分からなかったのよ。松居さんがウチに迷惑を掛けるのは構わないと思っていても、子どもたちに怒られるのがね。こうやって取材が来るようになったらどうするのよ!ってね。それで、皆近所中の人が知ったらね。今でも「見たわ見た」っていう人が増えてきているんですよ。

記者:松居さんの印象は?

おばあちゃん:別に悪いことしている訳じゃないし。だって夫婦仲のところに私らが、割って入るなんてことはできないんだしね。2人の仲だから、自分は自分、向こうは向こうの言い分があるんだろうしね。

「彼女は出ていった」

記者:松居さん、映像をあげてますが……。

おばあちゃん:それはわかんない。知らない

記者:映像はこのおうちで撮ってますよね、お孫さんと……。

おばあちゃん:まあ、わかんない。わかんない。

記者:松居さんがちょっと出てきてもらってお話できればと思うのですが。

おばあちゃん:だからいないの。

記者:お孫さんは?

おばあちゃん:孫は会社かどこだかわからないけど行ってるから。

記者:会社……。

おばあちゃん:会社だか学校だか知らないけど、孫は行ってる。

記者:松居さんはどこへ行ってるんですか。

おばあちゃん:知らない。

記者:何時ぐらいに出ちゃった?

おばあちゃん:知らない、昨日のうちに出てっていないんだもの。何時ぐらいだろ、知らない。

記者:出るときは声をかけられたんですか。

おばあちゃん:一人で行ったんだ。ウチの孫が寝てたから。何時頃だったかな。

記者:ごはん食べたあととか、前とか。

おばあちゃん:もっと遅い。

記者:0時回ってる?

おばあちゃん:いや、そんなに遅くはないけど。

記者:おばあちゃんが寝る前にはお出かけになった?

おばあちゃん:うん、そうね、彼女が出ていくときには、うちにいました。

“芸能界に戻る気はない”

記者:松居さんはまた戻ってくる?

おばあちゃん:さあ、わかんないけどね。深入りしたくないし、子供に怒られちゃうのよ。でも私って、生まれたばっかりの何にも変なものにも染まるようなものじゃなくて、素直な人間だから、人が困っている時には、孫が連れてきちゃったら「騒ぎになるのが嫌だから帰ってちょうだい」とは言えない。向こうでどうにもならないから、困っていたから、あわてて孫が乗せて連れてきて。どこのだれか知らないのを連れてきて。

あとでテレビを見て分かったけど、これまで全然知らないし、松居さんという人自体知らないんだから。テレビでは分かっているけど、全然化粧をしているわけじゃないし、全然、普通のおばさん。私と話しても平気「おばあちゃん、おばあちゃん」って可愛がってくれるけど。

記者:お孫さんの才能を買っているようですね。

おばあちゃん:そうそう、うちの孫に「こんな子はいないよ」って、「この子じゃないと出来ないよ」みたいなことは言ってました。技術がすごいって言っている。だから、それは多少孫が手伝ったんだろうけど。

記者:松居さんのお風呂やご飯は?

おばあちゃん:まぁね、私が作ったりママが作ったりはするけど、ちょっとどっか出かけた時に自分でよく買ってきてくれましたよ。「おばあちゃん、この漬物美味しいよ」とか言って。門前仲町のお不動さんの仲見世の漬物専門のお店有るじゃない、あそこで買ってきてくれて。お不動さんの中入ってお茶飲んできたって。昔からお参り行ってたみたい。

芸能人に戻る気はないって。ほら、色んな事やっているでしょう、包丁とか、お鍋とか、メーカーと組んで。だからあの人はお金は1億や2億じゃなくて何十億と持っているんだから。芸能界に戻るなら、あの人だって馬鹿じゃないんだから、もっと穏やかに我慢して、あそこまでやらないと思う、って自分で行っていました。

芸能界には戻らないで、ただあんまり、あちらの言い分とこちらの言い分が違うけどさ、自分の親友があれしたって、ハワイまで行ってどうのこうのって週刊誌にも出ていたでしょう。テレビで私見たけど。彼女にもちょこっとそんな話を聞いたけど。そういうのがすっきりして、自分がなんとかケジメがつけば日本にはいないって言ってた。

記者:どこに行くと?

おばあちゃん:分からない、知らない。芸能界に戻る気があればね、あそこまでやったら自分もマイナスだけしか残らないじゃない、でも戻る気も無いし、お金に困っているわけでもないからいいんだって。

打ち明けていた恨み

おばあちゃん:でも、今までのあれがあんまりにも、あの人一筋、まぁ前に結婚していたけど、子供がいたけど可愛がってもらってたし、あの人一筋、死ぬまで一緒にいるっていう気持ちでずっとやってきたのが、裏切られたって言うのは松居さんの親友だったのね、話を聞くと。だからそれがどうしても許せなかったんでしょう。お互いに知っている、旦那さんも知っているし、家族ぐるみで付き合っていたようで。

記者:おばあちゃんにも怒りとか許せない気持ちを言ってた?

おばあちゃん:言ってましたよ。だから芸能界には未練がないんだから、そうじゃなければこんな行動とらない

記者:ここ離れるとしたら離れた後は日本から…。

おばあちゃん:だと思う。

記者:いつまでいるんでしょう。

おばあちゃん:なんとかもう少しケジメがつかなくちゃ。このままじゃダメでしょ。あのひと、さっぱりしてるからね。

記者:松居さん?

おばあちゃん:うん。ふつうのおばさんと同じ。お洒落するわけじゃないし、お化粧するわけじゃないし。

記者:ここら辺歩く時は? その恰好で?

おばあちゃん:そうそうそう。だからもう、お洒落してなんか歩かないから。一回だけ公衆浴場に行った時に2人しかいなかったんだって。その時に「松居さんでしょって」言われて、びっくりしたって。むこうも裸でお風呂だから全裸でしょ。こっちも全裸でしょ。入って行ったらすぐ言われたから、びっくりしたって。それ一回しかお風呂には。あれじゃあ行かれないよ。かわいそうに。松居さん自体もなるべく早くここを出たいわけだろうけども。

記者:深夜に出るのも人目につかずわからないから?

おばあちゃん:それはわからない。なんかお仕事もやっているみたいだしさ。

うちでシャワー、ベッドは共有

記者:松居さん、寝るお部屋はあるんですか?

おばあちゃん:うちの息子が入院しているのよ。そこへ、うちのママと松居さんと2人で寝ているの。

記者:同じ部屋で?

おばあちゃん:同じベッドで。

記者:同じベッドで?

おばあちゃん:広い。2人で寝られるの。

記者:大きいベッドなんですか?

おばあちゃん:うん。

記者:銭湯一度行ってから、お風呂は?

おばあちゃん:私のうちでシャワー浴びているの。お風呂も入れるし。

記者:ずっと毎日いてお礼をするような、律儀な人なんですか?

おばあちゃん:律儀っていえば律儀だし、お礼取ろうとも思わないし、私の息子(※孫?)が年中行っているんだから。

記者:これまでお世話になっているから?

おばあちゃん:だってお世話って、4、5日じゃない。

記者:これがもしかしたら1ヶ月になるかもしれない。

おばあちゃん:そんなことは、お礼をもらおうなんて考えてもいないわよ。私は。そういう人じゃない。

記者:松居さんのほうからあるかもしれない?

おばあちゃん:私の方から呼び寄せたわけじゃないし、孫が連れてきたんだからね。別にそんな、お金儲けするなんて、あのひとは何億円も。私に1億円くれるって言ったら、ひっくりかえっちゃうかもしれない。

記者:そうですよね。

おばあちゃん:あんた、いくらなんだって1億円もらうわけにはいかないじゃない。1億円もらったら、ここ建替えちゃうよ。

記者:まだ町会の人には知られてない?

おばあちゃん:うん、知っている人も居るけど。はっきり知っているって言った人には、「絶対口外しないでよ」って。「確かにウチに居たけれど」って言ってます。「黙っててちょうだい」ってね。

記者:あんまり広める話じゃないですもんね

おばあちゃん:そうそうそう、だから私有難迷惑なんですよ。

 ***

 現在発売中の「週刊新潮」では、午前4時に“歩き味噌汁”で出歩く松居の写真、前夫も恐怖に陥れた彼女のエピソードなどと共に、7ページの特集を掲載している。

「週刊新潮」2017年7月20日文月増大号 掲載