shutterstock_184863635

写真拡大


出典:https://www.shutterstock.com

社内恋愛、あなたはアリですか? それともナシですか? 同じ職場ならほぼ一日相手を見ているので、相手の人となりをよく知れるのは、社内恋愛の大きなメリットですよね。

でも、社内恋愛は付き合っていることをオープンにしづらく、バレたときのリスクが怖いもの。こうした考え方は、男性も同じなのでしょうか?

あなたが社内恋愛OKでも、相手が気になるようでは、恋愛は思うように進んでいかないでしょう。そこで今回は、社内恋愛に対する男性の本音をまとめてみました。

 

■職場の雰囲気がよければアリ?

「いまの職場は同世代が中心だから、仕事終わりに飲むことも多いし、社内恋愛もアリかなって思います。そういう俺も、内心気になっている人がいるので(笑)。人に迷惑をかけないのなら、周りの誰かが恋愛していても、俺はあまり気にしないかも。」(27歳/男性/IT)

職場の雰囲気は、社内恋愛のしやすさに大きく関わってきそうです。職場の人たちとの関係がうまくいっていれば、社内恋愛も起こりやすいのかもしれません。特に男性の場合、周りの目や世間体を気にする人が多いと思うので、社内恋愛をしやすい職場なのかチェックしてみて。

同様に、職場内の自分の評価も客観視しましょう。仕事が一人前にこなせていないのに、恋愛にうつつを抜かしているようでは、どちらも中途半端になってしまう可能性があります。彼だけではなく、周りに迷惑が掛かってしまう行為はくれぐれも避けたいですね。

 

■社内恋愛は絶対にバレるからナシ!

「別れたあとのリスク云々の前に、社内恋愛ってバレるものだと思う。本人たちは隠しているつもりでも、付き合っていればその雰囲気がどこかで出ちゃうものだし、周りも“ん?”って気づくから、俺はイヤかな。」(28歳/男性/サービス)

社内恋愛でよく問題視されるのは、バレた後のことです。たとえば、先輩から「付き合っているの?」と指摘されたとして、どう返すのか。やんわりと「週末あったりしています」と返したとして、その情報がどこまで伝わっていくのか。

それこそ周知の事実になり、関係がうまくいかなくなって気まずい、という結果になってしまっては大変です。社内恋愛をするからには、バレるものと思って、ふたりがきちんと覚悟して、恋をしたほうがいいかもしれません。

 

■結婚の覚悟ができるならアリ!

「俺も経験あるんですけど、ふたりで口裏を合わせる必要があると思う。あと、デート先は社内から遠いところを選ぶとか。職場で相手が異性と話していても嫉妬しないとか。ある程度、ふたりで決まり事を作っておかないと、気持ちが割り切りにくい。結婚の覚悟ができるなら続くのかな。」(28歳/男性/サービス)

相手との結婚を考えているほど気持ちが本気なら、社内恋愛のデメリットもふたりで協力して乗り越えられるかもしれません。その分、社内恋愛の仕方も徹底できるはずですから。

 

いかがでしたか? もし気になる人がいるなら、まずは好きの気持ち優先ではなく、こうしたポイントで恋ができそうか、前もってきちんと気持ちの整理をつけておく必要がありそうですね。

【画像】

※ KieferPix/shutterstock

【関連記事】

※ ふたりのヒミツ。「社内恋愛」をバレないようにするコツ

※ 同じ部署内で三股!? 「社内恋愛」が招いた泥沼エピソード

※ ウッカリで恋もキャリアも台無し!? 意外と見落としがち「社内恋愛の鉄則」

※ 破局へのカウントダウン!「社内恋愛」でやってはいけない女子のNG行動

※ 実はバレバレ!「社内恋愛」が周囲に気付かれるキッカケ