日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は現地時間23日、2018年ロシアW杯アジア最終予選でUAE代表と対戦し、アウェイで2-0の勝利を収めた。

 日本は前半14分、先発に起用された久保裕也の代表初ゴールで先制。61分にはその久保のクロスから、久々の代表復帰となった今野泰幸が追加点を奪った。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、日本代表がUAEにアウェイで初めて勝利を収めたことについて、「これが最後にならないことを願いたいね」とコメント。「素晴らしい勝利だった。選手たちは私の指示を聞いて、指示を守ってくれた。試合をマネジメントすることができた」と貴重な白星を喜んだ。
 
 28日には、ホームでタイ代表との対戦が予定されている。「W杯に向けていい道のりだ」と指揮官は予選突破に向けた見通しが明るいことを強調しながらも、「タイ戦で勝てなければ今日の勝利が無駄になる」と連勝を誓った。

text by 編集部