29日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、フリーアナウンサーの森麻季が、自身に関する週刊誌報道はまったくの憶測だと否定した。

番組では、森、宮崎宣子、馬場典子といった3人の元日本テレビアナがゲストで登場し、自身の活動を振り返った。その中で、森は2013年に発生した、読売ジャイアンツ・澤村拓一との離婚の裏側を明かした。

当時、「週刊文春」をはじめとする週刊誌は、結婚後の澤村が女子短大生と、森が日テレ同期である上重聡とそれぞれ不倫していたことが離婚の原因ではないかと報じていた。こうした報道に対して、森は、離婚理由をそのとき発表していないため、すべて憶測だと明言した。

不倫相手とされた上重アナについても、森は「連絡先も知らない」とコメントし、「こうやって、身に覚えのないことが(事実として)踊るんだと思って」「すごく世間が怖くなった瞬間がありましたね」と吐露していた。

【関連記事】
広田レオナがフジ番組の演出に激怒「訂正しないのであれば法的措置」
エスパー伊東の引退否定に東スポ記者が反論「誤報ではありません」
倉田真由美氏が安田美沙子の夫の不倫報道に苦言 妊娠への配慮不足を指摘