新ビジネス「家具のリユース」を発表した大塚家具社長の久美子氏

写真拡大

 大塚家具が発表した「家具のリユース」の記者会見に登場した、同社の大塚久美子社長(48才)。その新ビジネスについて説明する久美子さんに、本誌は1年半以上前に日本中を揺るがしたお家騒動についてもいくつか質問した。すると、久美子さんは言葉を選びながらも答えてくれた。

 * * *
 東京湾を臨む明るいショールームには、白い革製のソファや有名ブランドのダイニングテーブル、クラシカルな布張りのチェアなどが、所狭しと並んでいた。新品以上の輝きを放つそれらは、どれも職人が丁寧に修理し、手を加え、クリーニングしたものだという。価格は元の価格の半分以下…。

 9月8日、東京・有明にある『大塚家具』本社で、「家具のリユース」という新ビジネスが発表された。

「創業以来、『大塚家具』は長く愛せる良いものをお届けすることを大切にしてきました。今回のリユースは、従来型のリユースとは異なり、アンティーク家具や、ヴィンテージ家具と同様、職人の高い技術で上質な家具の本来の価値を取り戻したり、あらたな付加価値をつけることで、その時々のニーズに合わせて生まれ変わらせ、新たなオーナーに提供致します。大量生産、大量消費、大量廃棄のファスト・ファーニチャーとは異なる新たな選択肢となります」

 そう話すのは同社の社長、大塚久美子さん。この日より、全国で家具の買い取り・下取りキャンペーンをスタート。またこれまでの販売店に加え、10月15日には家具リユースの大型拠点となる『IDC  OTUKA アウトレット&リユース 大阪南港』がオープンする。

 さらに伊勢谷友介(40才)が代表を務める『リバースプロジェクト』と共同し、リユース家具の開発や、リユースな暮らし提案を行うポップアップショップを展開していくという。

 記者会見には業界紙のみならず、ニュース番組の担当者、全国紙記者など、報道陣100名が駆けつけた。あの騒動から1年半以上。創業家一族のお家騒動はこれまでにもたくさんあったが、久美子さんを社長に生まれ変わった『大塚家具』の動向は、今も変わらず日本中の注目を集めている。

 騒動の発端は2014年7月にさかのぼる。当時の会長で、久美子さんの父・勝久氏(73才)が経営方針への不満から社長の久美子さんを解任。ところが2015年1月、久美子さんは取締役会で自身の社長復帰の決議を勝ち取り、形勢は逆転する。その後、筆頭株主の勝久氏が久美子さんを取締役から外す株主提案を出したが、会社側はそれを受け入れず、株主総会に結論を委ねた。

「クーデターだ。悪い子供を作った」

 勝久氏が記者会見を開き、そう語ったことから、「公開親子げんか」「骨肉の争い」などと報道が過熱していく。さらにその美貌や、華麗なキャリアもあいまって、「血も涙もないお嬢様」「娘が父に歯向かった」などと猛バッシングも受けることになった。

「あの時のことは今でもまだトラウマになっていて、なるべく思い出さないようにしています。一方、あの騒動をきっかけに、大塚家具についての誤解が多く広まっている。騒動の蒸し返しになるのは避けたいのですが、それでも『大塚家具』の社長として、本当のことをみなさまに知ってほしいという思いもあります」(久美子さん、以下「」内は同)

 確かに騒動の発端といわれた経営方針の違いひとつをとっても、久美子さんが「イケアやニトリ志向で高級品をやめた」「ファスト・ファーニチャーへの移行を進めた」からだといわれているが、前述の新ビジネスのとおり、まったく違う。

「低価格に変更したというのも間違い。高級品も引き続き売っています。お客様のどんな要望にもお応えするために、若いかたでも買いやすい価格のものから最高級品まで幅広く持っているのが当社の特長なんですね。

 接客も『会員制をやめたらなくなるんですか』と聞かれるんですけれども、それは違う。入り口は入りやすくなりますが、接客がなくなるわけではないんです。お客様のご要望に応じて、ひとりで見たいときでも、しっかり相談したいときでもどちらでも対応できる。それは、今までずっと、ブレずにやってきた基本です」

 父と娘の争いは家族を真っ二つに割った。勝久氏側には千代子夫人と長男の勝之氏がつき、久美子さん側には、次女、三女、次男がついた。

「『大塚家具』は春日部で、家族経営の小さな家具店としてスタートしました。そして1980年に上場し、今では社員も1700人ほどの企業になりました。でも、創業者である父や母にとって、ファミリービジネスでやっていた頃からの地縁や血縁などさまざまなしがらみを断ち切って、上場企業の論理でものを考えるのは難しかった。

 娘としては理解できることであっても『大塚家具』という上場企業の社長としては、どうしても見過ごすことができないこともあったんです」

 ひとつひとつ言葉を選びながらも、事がここに至った理由を、冷静に、あくまで社長としての立場から話す久美子さんの姿は、当時の報道で印象づけられた「会社のためなら親をも切り捨てる娘」というイメージと重なる点もあった。

 しかし、今回改めて彼女の話を聞いていくと、一連の騒動が、家族の相克が複雑に絡み合い、起こるべくして起きたこと。そして彼女が5人きょうだいの長女として、また創業家の代表として、あまりにも大きな重責を背負ってきたことがわかった。

 日本中を揺るがしたあの騒動から1年半。新ビジネス「家具のリユース」発表にあたって、今、初めて明かされる事実。公の場で実の父から「悪い子供」とまで言われた彼女の口から語られる言葉に恨み事はなく、ただただ、上場企業の社長としての責任と重圧があった。

◆子供でも会社を守っていくための共同体の一員だった

 この生き方こそ、幼い頃からの両親の教え。…それは“家具や姫”だからではなく、多くの女性が抱える家族の物語と重なる。

 大塚家具は1969年、埼玉県春日部市で創業。勝久氏は、父親が営んでいた桐タンス工房から25才のときに独立し、千代子夫人と二人三脚で会社を育て上げた。母親は父親のことを家でも「社長」と呼び、夫婦の日常会話も仕事のことばかり。家に仕事関係の人がしょっちゅう出入りするような環境だった。

「母のあらゆる優先順位のいちばんが会社。子供のときによく言われていたのが『会社のためにならない子供は許しません』。仕事で両親がそろって出かけることも多かったのですが、小学校低学年、確か小学校2年生だった私に、『万一、私たちに事故があったらこうするのよ』と、金庫の番号を教えられたりする。

 家族というか…子供でも会社を守っていくための共同体の一員という雰囲気が家庭内に漂っていた。私はそういうふうに育てられたので、結局、この家で起こるいろいろなことは、最後は私が責任を負わなければいけないと考えるのが当たり前になって…」

 周りの友達と違う家庭環境だったが、「そもそも違う」のだと刷り込まれた。「うちはこういう家なんだ」と子供ながらに受け止めていた。

「小学生の頃、近眼だと診断されたとき、母は『お嫁のもらい手がなくなる』と言って、すぐに当時はまだ珍しかったコンタクトレンズをさせられました。当時はめがねをかけると学校でいじめられたりすることもあったのですが、いずれにしても、母にしてみれば、娘のためを思って何事にも一生懸命ゆえのことでした」

 一方で母は、会社の跡継ぎを、久美子さんの弟で長男の勝之氏にと、当たり前のように考えていた。

「『この人に継がせたい』という特別な思いがあるというよりは、母の世代にとってはそれが自然なことだったんだと思います。要するに、『長男が継ぐのが普通だよね』という。昔の家制度の封建的な感覚を強く引きずっている家庭でした。私は1968年生まれで、1970年代に幼少時代を送るんですけど、その当時でも一般的な感覚よりも、10年20年、古い感覚を引きずっている感じというのでしょうかね」

 地元の豪農の長女として生まれた母。当時の農家では父親、長男は神棚に上がっているかのような特別な存在で、おかずも他の家族よりも1品多く、お風呂も一番風呂。

「母は父の片腕として会社の経理の仕事もこなすかたわら、家事もよくやっていました。それこそ子供と過ごす時間がないくらい忙しいのに、ちゃんとご飯を作って。そうやっているうちに子供が5人になって、全部できなくなって、お手伝いさんにお願いするんですが、それに罪悪感を感じるタイプだったように思います」

 久美子さんは母との間でずっと葛藤を抱えていた。高校時代、フルブライト留学への応募を相談した。すると「嫁入り前に留学なんて、傷物って言われますよ」と反対され、四大を受けると言ったときも、「就職も結婚も難しくなる」と諫められた。そもそも「女は仕事より結婚」という考えの母は、10代の時に久美子さんに見合い話をもちかけた。嫌がったら「なんて親不孝なの!」と嘆かれた。

「20代前半は、いかに母の価値観から自分を解放するか、ということが人生の一大テーマだった」と、寂しげに笑う久美子さん。一橋大学経済学部卒業後の1991年、富士銀行(現:みずほ銀行)へ就職したのも、家族の価値観を強いられないよう、経済的に自立したかったからだという。

 しかし、1994年には退職し大塚家具へ入社。それは長男の勝之氏がちょうど大塚家具へ入社するタイミングだった。

「決められたこととはいえ、父親が創業した会社に長男が入るって、いかにも衝突が起こりそうですよね。それを危惧した母は、緩衝材のような役割を期待したのでしょう、『他人のために働けても、家族のために働けないの?』と言われ、受け入れてしまったんですね。

 私は“究極のスペアキー”なんです。母にとって親の役に立つのが、長男を助けるのが、長女の義務。母もそうやって生きてきたのだと思います。それは不合理な世界で、普通じゃないんだってことも頭ではわかっていたし、そこから抜け出す努力をした時期もありました。でも…刷り込みってどうにもならないんですよね。

 だから私は前向きに考えて、60才までは他人のために生きようと思ったんです。人生80年と考えれば、そこから20年は自由に暮らせる。自分をいちばんに考えると、『本当はああしたかった』って、つらいし不満が多くなりますでしょ? でも他人のために生きると思えば、その中で自分のためにできたことってラッキーと思えるじゃないですか? 人の役に立つことも、それ自体うれしいことですし、そういう生き方もありだと思うんです。

 もともと社長をやりたいのではなく、『大塚家具』という、いろいろな意味で守るべきものを守りたかった。会社を守るために、目の前のやるべきことをするしかなかったんです。

 私ひとり逃げることもできたでしょう。そうすれば人から非難されることもない。でも、その後、会社が悪い結果になれば、自分を許せないだろうと思いました。

 そもそも、会社には逃げられない立場の人がたくさんいるんです。社員やお取引先も含めて。このままでは会社が危ないな、という状況のときに、それが見えているのに、逃げ出すことはできませんでした。

 周りからは、『なんでそんなに背負ってるの?』と言われますし、確かに私がここまで背負う必要はないのかもしれません。でも、そういうふうに育てられてきたので、見て見ぬふりができない。母の教えの賜物ですね(苦笑)」

※女性セブン2016年10月6日号