浅田真央

写真拡大

16日放送の「炎の体育会TVスペシャル」(TBS系)で、浅田舞・真央姉妹が大ゲンカした過去を初告白した。

番組では、浅田姉妹がゲスト出演し、妹・真央の歴史をVTRなどで振り返った。そこで、姉・舞が海外でのいざこざを語った。

舞によると、かつて姉妹でハワイへ出向いた際、ショッピングセンター内のゲームセンターで一緒に遊ぼうとしたそうだ。

しかしゲームには設定が必要だったらしく、英語の読めない舞は適当に設定してしまったという。ところが、最も難易度の高い設定となってしまい、すぐにゲームオーバーとなってしまったというのだ。

舞が「それに対して、(真央が怒り)大ゲンカ」と明かすと、スタジオからは笑いが起こり、今田耕司も「しょうもな!」とあきれていた。

ところが、当時の真央は怒りが収まらなかったようで、帰国まで一切口をきかなかったらしい。

これに今田が「小学校のころ?」と時期をたずねると、舞が「10代後半」と返答した。するとスタジオからは驚きの声があがり、勝俣州和も「10代後半がゲーセンでケンカしてるの!?」とツッコミを入れていた。

【関連記事】
安藤優子アナが浅田真央の成長を称賛「考え方が大人になった」
ヒロミがスタッフと取っ組み合いのケンカ 番組を降板した過去
メンタリスト・DaiGoが浅田真央との勝負に敗れ負け惜しみ「ルール違反でしょ」