舛添要一東京都知事

写真拡大

21日、評論家の石平太郎氏が、自身のTwitterアカウントで、舛添要一東京都知事を痛烈に批判した。

東京都は、韓国人学校の増設に向け、新宿区にある都有地を韓国政府に貸し出す方針を打ち出した。これには「保育所の整備など都民のために使うべきだ」と、批判が殺到しているそう。


石平氏は投稿で、韓国について「恩返し」と弁解する舛添知事に対して「しかし韓国がこの日本に、あるいは東京都民に一体何の『恩』があるのだろう」と、疑問を呈している。

さらに石平氏は「これから東京都民が保育園落ちてどうしても『◯◯死ね』と書くなら、舛添さんの名前を入れるしかない」と、待機児童問題を告発したブログをなぞり、あたかも「舛添死ね」と言わんばかりの、痛烈な批判に及んでいる。

【関連記事】
「日本死ね!!!」保育園の抽せんに落選したユーザーの怒りの投稿が話題
ケント・ギルバート 日韓合意後の韓国側の振る舞いに怒り「捏造を止めろ」
ビートたけし 日韓共催W杯で韓国に有利な判定を下した審判を一刀両断