女子の通信費節約事情! スマホを安く使えるテクニック6つ

写真拡大

今や日常生活に欠かせないアイテムとなったスマホや携帯電話。通勤電車の中でもほとんどの人がスマホをいじっていますよね。昔に比べて、基本料も高くなり、毎月の支払いもしんどい、なんて声も聞こえてきそうです。そんなスマホや携帯にかかる通信費、みなさんは1カ月にどれくらい払っているのでしょうか? スマホ料金の節約テクニックとあわせてご紹介します!

■働く女性の1カ月のスマホ・携帯代

Q.1カ月のスマホ/携帯代はいくらぐらいかかりますか?

第1位「6,000円以上7,000円未満」20.6%

第2位「1,000円以上3,000円未満」13.7%

同率第2位「7,000円以上8,000円未満」13.7%

第4位「5,000円以上6,000円未満」13.1%

第5位「8,000円以上9,000円未満」12.0%

※第6位以下省略

一番多かったのが「6,000円以上7,000円未満」という回答でした。スマホや携帯にかかる通信費は1万円以下の人が多いようです。ではどうやって節約しているのか、そのテクニックを聞いてみましょう。

■通話は無料アプリで

・「Wi-Fiを使う。電話するときはLINEを使う」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「LINEで電話は使える」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「通話料は無料アプリ経由でお金をかけない」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

多かったのは「電話するときは無料アプリを使う」というテクニックでした。代表的なアプリに「LINE」がありますよね。番号さえ知っていれば無料で通話できるので、通話料を節約することができます。

■SIMフリー、格安スマホ

・「SIMフリーを利用する」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「格安SIMを利用する」(23歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「格安シムとガラケーのかけ放題をうまく利用している」(24歳/食品・飲料/専門職)

スマホの基本料が大幅に安くなる「SIMフリー」や「格安SIM」で通信費を節約するというテクニックもあるようです。SIMフリーは容量制限があるものの、キャリアスマホよりは確実に通信費が安くなるのでおすすめです。

■ほかにも色々ある節約テク

・「キャンペーン時に契約する。機種は基本こだわらず無料機種。無料通話がついて14GBで3,800円」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「格安スマホ+ガラケーの2台持ちが安い!」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ドコモショップなどのデモ機を使うようにする」(28歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

ほかには「キャンペーン時に契約」や「格安スマホ+ガラケーの2台持ち」というテクニックを使っている人もいました。キャンペーンを狙えば月々の基本料も安くなるし、ガラケーとの2台持ちもよさそうです。店頭に置いてあったデモ機を契約すれば、端末代も安く済みますよね。

■まとめ

「1カ月にかかるスマホ/携帯代」は「6,000円以上7,000円未満」がもっとも多く、通信費の節約テクニックもいろいろなものが寄せられました。無料アプリ、SIMフリーのスマホやガラケーとの2台持ちなど、みなさんいろいろな工夫をしているようです。スマホの通信費に頭を悩ませているみなさん、ぜひこの節約テクニックを実践してみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数175件(22歳〜34歳の働く女性)