週刊ポスト(2015年7月17・24日号)では、大手広告代理店がCM出演交渉のために作成した最新の「ギャラリスト」(年間契約推定金額)を独占入手。本来は決して表に出ない極秘資料を公開している。CMのギャラは「生もの」ともいわれ、「市場価格」はその人気に応じ、毎月変化するものである。

 例えば、「モデル」ジャンルでは、3人が同額でトップに立った。注目は水原希子(22歳/5000〜6000万円)。自らの“乳首ポッチ”写真を画像共有サイトに投稿するなど大胆な行動による話題性も広告価値を高めているという。

「彼女は独自の世界観をもつ唯一無二の存在。ギャラはこの1年で倍以上になった」(広告代理店キャスティング担当者)

 アスリート枠では、間もなく復帰戦を迎える浅田真央(24歳/8000〜9000万円)を抑えて、宮里藍(30歳)がトップ。しかも1社9000万〜1億円と金額も破格だ。

「アスリートは訴求したいターゲットが明確なので、トップ選手のギャラはタレント以上。特にゴルフの場合は帽子やウェアの胸や腕に企業ロゴを入れられるため、大きな宣伝効果がある」(広告代理店関係者)

 浅田は引退後に「太りすぎ」の指摘もあった。最近は「週4ペースで横浜市内のジムに通っている」(フィギュア関係者)という。スリムな体型を取り戻し、さらなるギャラアップなるか。

 女芸人の場合は“好感度”がギャラを大きく左右する。柳原可奈子(29歳)は女性支持が高く、女性ピン芸人としては異例の4000万円。

「雛壇、ロケ、MCにかかわらず、人気番組に出ているかどうかが重要です。

 最近クライアントが注目するのが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演する女芸人。イモトアヤコ(29歳/2500〜3000万円)や森三中(3000〜3500万円)など、日曜夜のファミリー向け番組で高視聴率なので認知度が高い」(同前)

 芸能界の勢力図は刻一刻と変化している。半年後のランキングは株価より予想しにくい。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号