ベトナム料理や音楽も!代々木公園で「ベトナムフェスティバル2015」

写真拡大

キュートでリーズナブルな雑貨や、味わい深いエスニック・フードなど、女子の好きな要素がいっぱいのベトナム。行ってみたいけど、まだ行ったことがない…という人は、まずは代々木公園で開催されるイベントを覗いてみるのもいいかも。

2015年6月13日(土)、14日(日)の2日間、代々木公園で開催される「ベトナムフェスティバル 2015」は、国内最大級のベトナム文化の祭典として、「食」・「文化」・「音楽」などさまざまなシーンのベトナムコンテンツを紹介する。例年、開催される同イベントだけど、今年はベトナム建国70周年ということもあって、バージョンアップしているのだとか。

まずステージには、ベトナムから招いた伝統芸能歌舞団やトップアーティストが登場。例えば、ポップアーティスト・ヒエンツゥックさん、ダンスミュージック界をリードするバンマイフンさん、ロックシンガーのファムアンコアさんなど、本国で人気のアーティストもパフォーマンスを予定。今のベトナムの音楽シーンを知りたいなら、要チェックかも。

また、建国70周年記念事業として今年初登場する「水上人形劇」にも注目を。これはプールの水中で人形を操るベトナムの伝統芸能で、海外の観光客にも人気なのだそう。この機会に、本格的な実演をぜひ体験して。
さらに、52の飲食店と、約36の物販店、その他16の企画、展示店舗によるブース展開で、おいしいベトナムグルメやかわいい雑貨も満喫できる。事務局の杉山さんによると、オススメはベトナムを代表するローカルスイーツ“チェー”とベトナム風お好み焼き"ミニバインセオ"だとか。

「“チェー”のなかでも、ジャックフルーツ、ライチ、ロンガンなどが入った、女性に嬉しいフルーツ各種が入った『Che trai cay(フルーツのチェー)』には、女性に嬉しい栄養素がたっぷり。また、もやし、玉ねぎ、豚肉、エビなどを炒め、ターメリック入りの生地で包んだ“ミニバインセオ”も、ヘルシーですよ」(同)


雑貨では、ベトナムのローカル市場でもあまり手に入らない彫りの入ったウッドサンダルをはじめ、これからの季節にもぴったりなシャーベットカラーのカラフルな巻きスカートなど、夏に活躍しそうなアイテムが手に入る。

ちなみに、会場にベトナムの民族衣装であるアオザイを着ていくと、料理の大盛りサービスや割引などのサービスがあるお店もあるそう。旅行の記念に買ってきたけど着る機会がなくて…という女子は、ぜひアオザイ着用でお祭り気分を楽しんで。