「ある人々は、<秀才論>まで持ち出して、才能のある人々には本だけ読ませなければならないと言います。最初から特殊な才能を持った秀才がいるわけではありません…私たちは秀才論に反対します」これは、1968年3月14日に金日成主席が、「教育部門イルクン(幹部)たちの前で行った演説」の一節だ。教育における平等を強調する一方で、「ナイーブなエリートは革命の役に立たない」との彼の考えが反映されたものと言われている。そ