プロ野球界では、1年目から華々しくグラウンドで活躍したヒーローたちがいる。なかでもデビュー時の衝撃が大きかったのが、長嶋茂雄、清原和博、松坂大輔の3人だろう。彼らの何がすごかったのか、データとともに振り返る。【写真】いきなり155kmを出した松坂◆長嶋茂雄(1958年プロ入り)1年目成績出場試合:130安打:153打率:.305本塁打:29打点:92ゴールデンルーキー・長嶋茂雄と国鉄スワローズの大エース・金