【AFP=時事】ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相が18日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領(41)を首相府に迎えた際、真昼の日差しの下で行われた式典で明らかに震える様子を見せた。同首相はその後、暑さで軽い脱水状態になっただけだと述べ、健康状態に対する懸念を否定した。メルケル首相は、軍による栄誉礼で同大統領の隣に立った際、ふらつき、震えるような様子を見せ