日本航空(JAL)は、アクセンチュアと協力してAIを活用した空港旅客サービス案内の支援システムを開発し、本日から試験導入することを発表した。従来、座席アップグレードの要望、目的地の空港ラウンジの場所など、多岐にわたる利用者からの問い合わせに対して、パソコン端末や紙の資料を確認して回答する必要があった。今回試験導入したシステムは、AIが空港スタッフの発言を聞き取り、自動的に回答に必要な情報をタブレット端末に