経済産業省は12日から、東京都内のコンビニエンスストア、ドラッグストア計5店で電子タグ「RFID」を用い商品サプライチェーンを効率化する実証を行う。2018年2月に行った実証を拡充し、消費・賞味期限の迫った商品を値引き対象にして通知するなど、消費者参加型の取り組みにする。小売りや物流の現場のほか消費者にもメリットをもたらす仕組みを検証し、25年以降の実用化を目指す。実施場所は、ローソンゲートシ