長渕剛が劣等感について持論「負けるってことはとても美しい」TOKYO FM+

長渕剛が劣等感について持論「負けるってことはとても美しい」

ざっくり言うと

  • 16日放送のラジオ番組で、長渕剛が「劣等感」について持論を展開した
  • 自身が人の目を気にするのは「永遠の劣等感だと思うんだよ」と自己分析
  • 「劣等感があるから、やっぱり上を見続けられる」とも語っていた

ランキング

x