総務省の調査によれば、SNS(ツイッター、フェイスブックなど)を発生源とした炎上は2010年頃から増え始め、2013年に爆発的増殖が起こったという。財経新聞

企業がネットで炎上した事例 事件の直接の原因が客にある例も存在

ざっくり言うと

  • 保険の販売も始まった、企業のネット炎上の事例を振り返っている
  • 2013年にはローソンの加盟店で従業員がアイスのケースの中に入って炎上
  • 2014年にはベネッセで個人情報が流出し、対応も怒りを買って批判を呼んだ

ランキング