時代とともに変化していくのが学校というもの。親世代と子供世代では、学校に関する常識もまったく異なるケースも多いのだ。そこで、昭和時代の小・中学校と令和時代の小・中学校を比較しつつ、現代の学び舎の常識を紹介する。【写真】令和の時代の小・中学校が紙の連絡網の代わりに導入している「不審者情報」システム◆