26日放送の「オレたちゴチャ・まぜっ!」(MBSラジオ)で、お笑い芸人の加藤浩次や有野晋哉らが「武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ」(フジテレビ系)の舞台裏を明かした。

この日の放送では冒頭から、27日に放送された27時間テレビの話題を取り上げ、27時間テレビ内で行なわれた「ドキッ!めちゃ×2 SMAP 男だらけの水泳大会」の裏話で盛り上がった。

加藤は、自身が香取慎吾と相撲を取った様子を振り返り「魅せる相撲の要素、一切ないから」と、本気の試合だった事を明かした。

そして話が木村拓也と三中元克の試合の事になると、木村の服が破け、怪我をさせてしまうハプニングが起きた事が話題に。

この時の相撲は水中相撲で、体が土俵に付いても負けにならず、先に水中に落ちた方が負けという従来の相撲とは異なるルールだったことを説明したうえで、土俵でほとんど立つことができなかった三中は、木村が着ていたラッシュガードを握りしめていたのだと加藤は説明した。

加藤は、「握力だけはあるからね」と、木村との勝負に最後まで粘った三中を賞賛したが、一方で木村に怪我をさせてしまったことを「ガチと言えども、やっちゃいけないガチってあるでしょ」「人を傷つけちゃダメなんですよね」と指摘した。

すると遠藤章造は「ましてや木村拓哉さんですし」と切り出し、後のコーナーでもその怪我の話題になり木村は「まだ納得いってない感じだった」と、感想を述べた。

この話を聞いた加藤は、自分が木村の立場だったら「どこの馬の骨か分からないようなやつにね」「体を傷付けられ、結構深い傷…」と語り、木村の心境を察するストレートなコメントにスタジオは爆笑になったが、ほかのメンバーからも「これはあかん」と三中に対しては批判的なコメントが飛び交った。

一方で「『めちゃイケ』サイドも、みんなで『絶対に負けるなよ』って昼間から言ってたから」と、有野晋哉が明かし、実は収録の前段階から「めちゃイケ」側が三中に対して負けないよう何回も稽古をし、何回も投げられていたのだという。

これを受けて遠藤は「三中くん悪くないな、『めちゃイケ』が悪いな」と、番組サイドに苦言を呈した。

結局、三中はプレッシャーをかけられた故に、負けないよう必死になり過ぎた結果だったという話しの流れになり、周囲の煽りも問題だったことが明かされた。

【関連記事】
キムタクが27時間TVでアクシデント、相撲競技で脇腹と足に傷を負う
SMAP中居正広、「27時間テレビ」生放送中に倒れていた…爆笑問題・太田光が過酷な舞台裏を明かす
爆笑問題の太田光が27時間テレビの「SMAPノンストップLIVE」前に渾身のダジャレを披露 「SMAP細胞はありまーす!」