区別できる?警視庁と警察庁の違いとは
連続ドラマで刑事モノが人気。前クールからの継続も含めると、今クールはなんと8本放映中。ところで、これらによく登場する「警視庁」「警察庁」。教えて!gooにはこんな質問が寄せられています。

警視庁と警察庁の違いは?

■警視庁と警察庁の違い

まず警視庁と警察庁の違いについて、理解することとしましょう。

「警察庁は国の行政機関です。これに対して警視庁(=東京都警察)及び各道府県警は、都道府県の行政機関です。地方の治安を地方に全面的に任せることはできないので、警察庁がこれらの統制・調整を行います」(beenさん)

「警視庁は東京23区と確か多摩地方だったと思いますが、そこを管轄する警察署です。いわゆる○○県警と同義です。警察庁とは、街の公俗秩序を守るのではなく、事務職です。警察全体のまとめ役です」(momo_rightさん)

つまり警視庁は他の県警と同義のものであり、警察庁は全国の警察のまとめ役とのこと。また、警視庁と警察庁の採用に関しては、selene_plさんの回答を見てみましょう。

「都道府県の警察(警視庁など)で採用された警察官たちが、一般的に『警察』とイメージするような仕事をします。警察庁で採用される警察官は、基本的に国家公務員試験(1種・2種)に合格した中から採用されます」

「キャリア」と呼ばれる道に進めるのは、国家公務員試験1種の合格者のみなんだとか。

■警察庁の仕事とは?

警察庁は国の行政機関、つまり事務職ということですが、具体的にはどのようなことをするのでしょうか。

「(1)刑法など法律の解釈指針や、適用にあたっての規則などを作る(2)統計や、防犯対策、捜査手法の研究など、全国的な刑事政策を立案する(3)広域犯罪の捜査について、調整にあたる(4)ある都道府県内で起きた事件であっても、特異な事件や社会的な注目度の高い事件について、管轄する都道府県警を指揮する」(lequeosさん)

ほかにも、「警察庁出身者が主要な国の大使館に派遣されて、現地の情報収集などにあたったり、各都道府県警経由で国内の様々な情報(治安情報のほか、たとえば選挙情勢や一部政党の活動状況などもある)を集めるのも実は警察庁の役目」なのだとか。

日本の秩序を守るため、私達には見えない様々な仕事をしているようです。「法務省管轄の検察庁と国家公安委員会管轄の警察庁は、日本の双頭組織」(ameshouさん)というコメントにもあるように、国の大切な心臓部と言えるかもしれません。

ニュースや刑事ドラマを見る時の参考になれば幸いです。

1000本ノッカーズ (1000 knockers)