【花火が見える温泉】函館にほど近い鹿部温泉で、2023年8月19日(土)に、「第42回しかべ海と温泉(いでゆ)のまつり」が開催されます。今回は4年ぶりの開催!毎年8月第3土曜日に開催される鹿部町最大のイベントで、例年2万人以上の来場者でにぎわう祭りでした。

そんな「しかべ海と温泉のまつり」のフィナーレを飾るのが道南一の規模を誇る大花火大会なんです。

写真:大花火大会が「しかべ海と温泉のまつり」のフィナーレを飾る

当日は朝の8時30分から祭りが始まり、ハンバーガーボーイズのライブ、テレビなど豪華賞品が当たる温泉ビンゴ大会など様々なイベントが行われる予定です。

写真:朝から行われる町民参加のカッター競漕

そんな祭りのフィナーレを飾るのが道南一の規模を誇る大花火大会です。鹿部漁港から打ち上がる花火は3,000発を超えます。

見どころとなっているのは「音楽シンクロ花火」や超特大スターマイン。音楽シンクロ花火は、音に合わせて打ち上がる花火に気分も盛り上がりそう。

鑑賞のおすすめスポットは、何と言っても祭り会場である鹿部漁港。頭上に打ち上げられる大輪の花と体中に響き渡る音は迫力満点です。

開催日時は、2023年8月19日(土)19:30~21:00です。荒天の場合は、翌日に順延する予定です。

鹿部漁港までは徒歩で行ける温泉旅館も多いが、祭り当日の会場付近は交通規制を実施します。シャトルバスなどの運行予定はないとのことなので、交通手段の確保には注意して欲しい。

今年はすでに満室となってしまっていますが、会場裏手にある「吉の湯旅館」と「鹿の湯旅館」は、旅館から花火鑑賞が可能です。宿で花火を鑑賞した後に温泉に浸かれば、夏ならではの贅沢な気分を味わえそうです。

(情報確認:hotspring727 2023年8月、編集:Vermiliおん)

The post 北海道・鹿部温泉「しかべ海と温泉のまつり」8月19日(土)開催!フィナーレは道南一の大花火大会 first appeared on おんせんニュース.

オリジナルサイトで読む