市村正親と、後ろを追いかける息子

写真拡大

「これぞ希代のミュージカル俳優の帝王学ですね」。ある演劇関係者は、目を輝かせてこう話した。7月末、東京・帝国劇場から、ミュージカル『ミス・サイゴン』の出演を終えて、移動車に乗り込んだのは市村正親(73才)。その後ろから、ブルーのキャップを後ろ向きにかぶり、目元をきりっとさせた美少年が追いかけてきた。

【写真】ポロシャツ姿で細身のパンツ姿の市村。後ろには白Tシャツの息子。他、ざっくりノースリーブの篠原涼子、ペアルックの市村・篠原の全身、夜の膝上15cmタイトワンピ素足姿など

「市村さんのご長男、優汰くんです。この舞台には出演していませんが、勉強も兼ねて、見に来ていたようです。コロナ禍なので楽屋に入ることもできないのに、勉強熱心ですよ」(前出・演劇関係者)

 2008年5月に、篠原涼子(48才)との間に授かった第1子は、14才に成長していた。市村は、2005年に25才年下の篠原と再婚。この長男と次男(10才)が誕生したが、結婚16年目の昨年7月に電撃的に離婚。しかも、篠原が自宅を出て、市村が2人の息子の親権を持ちワンオペ育児で育てるという、珍しい形を取った。その背景には、8年前には胃がんを患い、古希も越えた市村が、残りの人生をすべて息子たちに注ぎたいとの思いがあったからだ。

 昨年出演したバラエティー番組では「ぼくが年齢がいってるから、子供たちが大きくなるまで待てない。構いすぎなんだけど、ほかの人に任せるわけにはいかない」と明かし、実際に子供の食事や弁当も毎日市村が作っている。

 その思いが通じたのか、長男は市村の後を追うように演劇の世界に足を踏み入れた。昨年9月に市村の主演ミュージカル『オリバー!』で、親子初共演。市村は会見で「最高!」と声を張り上げた。

 市村は、芸歴49年。劇団四季の看板俳優を長く務め、1990年の退団後も、舞台に立ち続けてきた。いわば生ける伝説のミュージカルスター。長男との“親子鷹”は、市村にとっても演劇界にとっても喜ばしいことだという。

 この7月に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した市村は、このときも目尻を下げっぱなしで子供のことを話し続けた。

「幼い頃から優汰くんを舞台に連れていき、ステージに上げて“いつかはここに立つんだ”と言ってきたとかで。『徹子の部屋』では優汰くんが舞台に出たいと言い出したときの心境を聞かれ“しめしめですよ”と、してやったりの顔をされていて、黒柳さんも笑っていましたね。篠原さんについては、“時々遊びに来る”と明かしていましたよ」(番組関係者)

 一方で、篠原とは予想外の関係になっているようだ。

「結婚中は、夜遊びを繰り返す篠原さんのことが心配だったそうですが、離婚後は気にならなくなったそう(笑い)。今年、篠原さんは、Netflixのドラマ『金魚妻』で、大胆な濡れ場を演じていますが、離婚したことで、今後も自由に好きな役に挑戦できます。互いにストレスがなくなり、時々家にやってくる篠原さんとは、“いまがいちばん仲がいいね”と言い合っているそうです」(市村の知人)

 離婚によって家族が幸せに──そんなこともあるようだ。

※女性セブン2022年8月18・25日号