イギリス王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃が、アメリカのテレビ番組に出演し、メーガン妃が王室内で差別的な扱いを受けていたことを明らかにした。

【映像】ヘンリー王子とメーガン妃

 ヘンリー王子夫妻のインタビューは7日、アメリカのCBSテレビで2時間にわたって放送された。

 その中で、アフリカ系アメリカ人の母親を持つメーガン妃が第1子のアーチー君を妊娠した際に、王室の関係者が子どもの肌の色について懸念していたことが明らかにされた。また、メーガン妃は事実と異なる情報が流れても王室からのサポートが無く、精神的なダメージから自殺が頭をよぎったと話した。

 インタビューの後半では、夏ごろに生まれる予定の第2子について、女の子であることが発表された。
(ANNニュース)