昨年からLAで暮らしているヘンリー王子が、友人のジェームズ・コーデンが司会を務めるトーク番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』に出演、インタビューに応じ、多岐にわたる質問に答えました。

LAに落ち着いてからまだ月日が浅いヘンリー王子にとって、市内にはまだ見たことがないものがたくさん。そこでジェームズは王子のために、オープントップバスでの市内ツアーと、イギリス風のティータイム(紅茶とクランペット)を用意。母国では許されなかったかたちでの観光を楽しんでもらったとのこと。

同時にジェームズは王子に、王室からの離脱や家族との関係、長男アーチーの最近の様子まで、様々なことについて尋ねました。そのなかで王子は、公務からの引退についてこう語っています。

「イギリスのマスコミがどんなものか、僕たちにはわかっていたんだ。それが僕のメンタルヘルスを崩壊に向かわせていた」
「有害だと思っていた」
「だから、夫なら、そして父親なら誰でも取るであろう行動を取ったんだ。それが、自分の家族をここから離さなくてはならない、ということだった」

王子とメーガン妃は当初、「パートタイムで公務を行う」という“ハイブリッド”な働き方を希望していたそう。それが祖母のエリザベス女王に認められなかったことについては、次のように話した。

「僕らは一度も、(公務に)背を向けたことはないよ。どのような決断が下されようと、僕は今後も、責務から逃れることはない。常に(人々への)貢献を続けるよ」
「奉仕することが僕の人生。だから、世界のどこにいようと同じこと」

王子はさらに、「思いやりの気持ちを届け、人々を喜ばせ、どんな小さな形でも、できる限りの方法で世界を変えようとしている」と付け加えました。

2月中に撮影されたこのインタビューの放送は、王子にとってアメリカに移住して以来のTV主演。当然のことながらジェームズは、その他の話題についても質問しました。それはたとえば、王子は英国王室を描いたNetflixの大ヒットドラマ『ザ・クラウン』を観ているのか、など。

すると王子はドラマを観ていると明かし、こうコメント。

「ニュースだと思わせようとしていない。フィクションだからね。でも、大まかには事実には基づいている。もちろん、厳密には正確ではないけれど」
「ただ、(ロイヤルたちの)生活、家族や他の何より責務と奉仕を優先すべきというプレッシャーと、それが何をもたらすかについて、大体の見当はつくと思う」

さらに王子は、「家族や妻、自分自身について書かれている記事より、『ザ・クラウン』の方がずっと安心して見ていられるよ」とも語り、フィクションではなく「事実」として報道されるニュースには、本当に問題があると考えているらしき姿勢を見せました。

番組中の王子の出演シーンは、以下で視聴が可能。

王子はまた、息子を誇りに思う父親として、長男の最近の様子についても明らかにし、アーチーには「笑いが止まらない」とのこと。

「最も驚くべき個性の持ち主だよ。もう3つ、4つの言葉をつなげて話すようになったんだ。歌もうたっているよ」

さらに、王子によれば、アーチーが初めてしゃべった言葉は「クロコダイル(ワニ)」だそう。

王子はそのほか、祖父母のエリザベス女王&フィリップ殿下とZoomミーティングで話をした後、殿下がノートパソコンを閉じればビデオ通話を終了にできると思ったらしいことや、女王夫妻がひ孫のアーチーに贈ってくれたクリスマスプレゼントについても明らかに。

王子はアーチーが女王からクリスマスにもらったワッフルメーカーで、よく朝食用に、ベリーを添えシロップをかけた「素晴らしい、オーガニックの」ワッフルを、メーガン妃と一緒に作っているとのこと。

家族で幸せに暮らす様子がうかがえたことに、ほっとしているファンも多いかもしれません。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:Hearst Contents Hub