写真はイメージです。以下同
 こんにちは。恋愛コンサルタントの菊乃です。

 婚活女性からよく聞く言葉「いい男性がいない」。自分はきちんと化粧をしたり気を使って話をしているのに、お相手のレベルが低すぎて選べない……と嘆く女性は非常に多いです。でも、はたして男性側だけの問題でしょうか?

◆彼氏の家に一度も行ったことがない32歳の女性

「マッチングアプリで失敗したくないので、結婚相談所に登録しました。でも、絶対に好きになれそうもない男性や、10歳以上年上の方からしか申し込みが来ないんです。あとは、マッチングしてもメッセージが途絶えてしまったり……本当にいい人がいない。結婚は妥協しないとダメですか? 普通の人に会いたいだけなのに」

 そう話すマイさん(仮名・32歳)は都内で働く会社員。アプリで出会った31歳・年収700万円の彼氏がいましたが、コロナをきっかけに半年前に別れを決意しました。

「アプリの失敗とは何でしょうか?」
「実は、彼の家に一度も行ったことがなかったんです。最寄り駅が越谷レイクタウンで、ちょっと遠かったこともあって……」
「えっ!一回も!? 彼の職場は都内ですか?」
「はい。やっぱり怪しいですよね。友達からも『本当に独身?』と言われて」
「本人には確認したの?」
「いや……確認できなくて。コロナが流行して出かけるところもないし、家に行っていいか聞いたらLINEをブロックされたんです」

 ファミリー層の多い越谷レイクタウンに住む独身男性……いないことはないでしょうが、あえて選ぶ場所でしょうか? 家に呼ばなかったり、LINEが返ってこない点も非常に怪しい。

 しかも、彼の出張が多く、会うのは月1〜2回程度だったとか。アプリのプロフィールには「1〜2年のうちに結婚したい」と書かれていたのに、マイさんの誕生日やクリスマスといった記念日も結婚の話はなかったそうです。もうこれ、ほぼほぼクロと見て間違いないでしょう。

 つまり、マイさんはアプリで知り合った既婚男性に遊ばれ、婚活市場に戻ってきたのでした。アラサーの貴重な時間を、結婚する気のない男性に使ってしまったのです。

◆元彼レベルの男性に会えると思っていた

 そうしてマイさんは、アプリよりも結婚願望がある人に出会えると思い、結婚相談所に登録しました。

 まず、「年収700万円以上30代」という条件で相手を探してもらったのですが、お見合いがなかなか成立せず、断られることも多かったそうです。

 男性から申し込まれる場合は年収400万円前後、同年代はほぼおらず10歳以上年上の方もザラだったとか。その事実にガックリきたのか、入会後の1か月は誰とも会わずに時間が過ぎていきました。

「条件を変えましょうと言われて、年収は500万円以上にしました。元カレの年収もそもそも本当に700万円だったか分からないし、そこは私も妥協したんです」

 その後、4人の男性にお会いしたそうです。1人は横柄な態度だったのでお断り。2人目は写真より実物の方が良かったそうですが、向こうから断られる。残り2人は、可もなく不可もなくだったため2回目も会ってみることにしました。

◆妥協して会った男性2人も…

「その方も話していて楽しくはないですが、それで断ったら誰もいなくなると思い、会うことにしたんです。正直、2回目のデート前はすごく憂鬱でした。

 まず、待ち合わせが駅ビルのレストラン街。案の定お店を決めていないんです。まあ、そこは百歩譲って許します。その後、こちらが気を使って話をふったんです。趣味が映画とあったので、何を見るんですか?と聞きました。そうしたら『あんまり見ない』と言われて会話終了。はぁぁ!? って思わず言いかけましたよ。本当に辛くて虚しくて、即お断りしました」