5人死傷事故に過失運転致死罪を適用 茂木健一郎氏「裁判所の屁理屈」

ざっくり言うと

  • 三重県で2018年、IT会社社長が車を時速146キロで走らせ、5人が死傷した事件
  • 16日、地裁は最も重い危険運転致死罪ではなく、過失運転致死罪を適用した
  • 被告は懲役7年が言い渡され、茂木健一郎氏は裁判所の屁理屈とSNSで批判した

◆茂木健一郎氏が5人死傷事故の裁判に言及

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x