宮根誠司

写真拡大

 15日に放送された日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、新宿・歌舞伎町から中継を行った女性リポーターが一般男性に殴られそうになるアクシデントが放送され、宮根も「大丈夫?」と心配する一幕があった。

 番組では新型コロナウイルス感染者が出た新宿歌舞伎町入り口の交差点から東ふきリポーターが中継に登場。昼間に歌舞伎町に来た人へのインタビューや、おしぼり業者が飲食店におしぼりを搬入している様子などを紹介した。

 東リポーターの後ろはスクランブル交差点となっていたが、中継途中に赤信号にも関わらず信号を渡ってきた黒っぽい服装の男性が突然リポーターの横にきて何かを言いながらパンチを繰り出す仕草を開始。リポーターはよけながらもリポートを続けたが、男性がパンチを繰り出し続けたことから中継は途中で打ち切られた。

 宮根は「大丈夫?なに?文句言われたの?」と心配そうな表情。林マオアナウンサーは「ちょっと今の状況ではわかりません。また出来そうになったら」と突然の出来事に驚いていた。

 このアクシデントに、ネットも「女性は大丈夫なんだろうか」と心配する声があがっていた。