新宿区の小学校預かり事業の職員が新型コロナに 児童22人らが健康観察中

ざっくり言うと

  • 東京・新宿区で、小学生を預かる事業の職員が新型コロナに感染したと判明
  • 職員は1日にめまいなどの症状を訴えており、11日に感染が確認された
  • 利用していた児童22人と職員5人が、濃厚接触者として健康観察中とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x