ライブを2日間終え、スタッフらと有名焼き肉店で中打ち上げを行った木村拓哉

写真拡大

 歌手・木村拓哉(47才)が帰ってきた。ソロとして初めてとなるライブツアー『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』を2月8日にスタートさせた。

【別写真】中打ち上げに参加した木村拓哉の後ろ姿もカッコよすぎる

「2016年末にSMAPが解散して以来、木村さんはゲストとして忌野清志郎さん(享年58)を悼むイベントに出演し、歌声を披露したことはありましたが、自身のライブは一度も行っていませんでした。2015年のSMAPでの名古屋公演以来、5年ぶりのライブになります」(芸能関係者)

 SMAPファンの心残りのひとつに、解散騒動のため結成25周年を記念するライブがなかったことが挙げられる。それぞれが別の舞台で活躍するようになっても、ファンにとってやはりライブは特別だ。

 その日、満員の会場で「おかえり!」「待ってたよ!」という声が飛び交ったことからも、待ち続けた時間の長さがしのばれる。一方で、

「アーティスト路線を展開する木村さんですが、ソロだとどうしてもSMAP時代と比べられてしまうのではないか」(テレビ局関係者)

 と不安視する声も一部ではあった。だが、その声は一瞬でかき消えた。

 1曲目は、木村が考案した青く光るペンライトが観客の手で輝く中、始まった。『Flow』を歌い始めると会場は一気に木村の世界観に染まる。

 木村は新アルバムの曲を中心に20曲を歌い上げたが、最もファンを狂喜乱舞させたのは、9曲目の『SHAKE』だった。SMAP23枚目のシングルで、1996年のヒット曲。観客は総立ちになり、サビでは大熱唱。この日、いちばんの盛り上がりだった。

 冒頭の「プルゥーハー」という雄叫びで、ファンは大絶叫。歌詞を「今夜のライブは気持ちがいいもんだ」と変えるSMAP時代のお決まりも披露、当時と変わらないダンスも会場を熱くした。

 アンコール1曲目は「タクヤ」コールが響く中、木村が『夜空ノムコウ』の冒頭をアカペラで歌い上げる。観客は静まり返り、感極まって涙するファンの姿も見られた。

「SMAPといえば『世界に一つだけの花』がありますが、あれは5人それぞれが歌う5人の曲というイメージが強い。木村さんはファンの思いを考えかなり悩んだと思いますよ。それで木村さんカラーがもともと強めだった『SHAKE』と『夜空ノムコウ』を選んだんでしょう」(前出・芸能関係者)

 木村主演の人気ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)の主題歌『LA-LA-LA LOVE SONG』も歌い、まるごと木村が凝縮された135分はアッという間に感じるほどだった。

◆『夜空ノムコウ』を選んだ理由

 解散後、SMAP時代の曲を木村が初めて歌ったことにネット上には《どうして木村くんだけ歌うの?》《「新しい地図」の3人は歌えていないのに》というファンもいた。

 そうした疑問を抱かれるであろうことは、木村自身もわかっていたはず。それでもSMAPの曲を歌う決意は固かった。

「木村さんは解散時に、SMAPのファンに対して直接、感謝をしないまま来てしまったことを悔やんでいた。最後まで25周年ライブにこだわっていましたから…。ファンも消化不良だと思いますが、木村さん本人も消化不良なのです。SMAP時代の曲を自分だけが歌うことによって悪者になるのは構わないけれど、これまで支えてくれたファンにメッセージを直接伝えたいという思いをずっと持っていたんです」(芸能ジャーナリスト)

 そして、ライブをやるにあたってもう1つ、木村には強く願っていたことがあった。

「それは『夜空ノムコウ』を歌うことでした。『夜空ノムコウ』の歌詞は、思い通りにいかないこともあるけれど、それでも前に進んでいこうというもの。SMAP解散後の苦悩を彷彿とさせますが、それでも、やはりこの曲でこれまでの感謝と、これからの活躍の約束をしたいと思ったのでしょう」(前出・芸能ジャーナリスト)

 SMAP時代の曲を歌うかどうか、周囲も気にしていた。

「主演ドラマでの打ち上げでカラオケに行った時に一度『セロリ』を歌ったところを聴いたことがありました。共演者やスタッフはもちろん大喜び。その場にいた人たちは、ライブで聴きたいと口を揃えて言いましたが、本人は苦笑い。ハードルは高いと思っていましたが、今回、歌ってくれてうれしい」(前出・テレビ局関係者)

 木村の歌声、パフォーマンスは音楽業界の中でも評価は高い。しかしそれでも5年以上「歌の現場」を離れていたことはかなりのプレッシャーとしてのしかかっていた。

「連ドラもスペシャルドラマの撮影も重なり、多忙という言葉では片づけられないほど忙しかったですが、やるからには、ファンが納得するものにしたいという気持ちが木村さんには強く、稽古場で繰り返し練習していました。その稽古場にたまたま訪れた滝沢秀明さん(37才)が、あまりの熱量に圧倒されたほどだったとか」(音楽関係者)

※女性セブン2020年2月27日号