ゴーン被告の逃亡先であるレバノン 政情不安で食料調達に懸念も

ざっくり言うと

  • ゴーン被告が逃亡したレバノンでは2019年10月以降、デモが続いている
  • 企業の操業停止などで16万人以上が失職し、国民の3割以上が貧困状態とも
  • 国連食料計画によると、49%の国民が食料の調達に懸念を抱いているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x