Xiaomiの日本上陸第1弾となった「Xiaomi Mi Note 10」が、またしても値下がりしました。
世界初となる1億800万画素カメラだけでなくズーム、マクロ、広角……とあらゆるシチュエーションに対応できる5眼仕様となっています。詳細は以下から。

◆有機ELディスプレイと3D曲面ガラスの美しいボディ
これが「Xiaomi Mi Note 10」。明るさ600nit、コントラスト比40万:1のフルHD+(2340×1080)6.47インチ曲面有機ELディスプレイを備えたモデルです。


ディスプレイ内蔵の指紋センサーで瞬時にロック解除が可能。

背面には3D曲面ガラスをあしらっており、カラーバリエーションはオーロラグリーン、グレイシャーホワイト、ミッドナイトブラックの3色。



まとめるとこんな感じ。発色が良く明るい有機ELディスプレイは写真や動画をきれいに楽しめるだけでなく、電子書籍などを楽しむ際に目をいたわれるようローブルーライト仕様となっています。

◆世界初の1億800万画素5眼カメラを搭載
「Xiaomi Mi Note 10」の最大の特徴は世界初となる1億800万画素カメラ。

500万画素望遠(F2.0、光学手ぶれ補正10倍ハイブリッドズーム)、1200万画素望遠(F2.0デュアルPD、2倍光学ズーム、1.4μmピクセル)、1億800万画素(F1.69、光学手ぶれ補正1/1.33インチセンサー、1.6μm4in1スーパーピクセル)、2000万画素117度超広角(F2.2)、200万画素マクロ(1.75μmピクセル)の5眼仕様で、あらゆるロケーションでの撮影に対応します。

デュアルソフトライト、デュアルフラッシュで暗いところでも明るく自然に撮ることができます。

1億800万画素カメラの実力をチェック。この風景写真をそのまま切り取っても……

こんなに精細に撮れています。

奥の方に見える山もこの通り。超高解像度(12032×9024)で撮影することで、トリミングしても十分きれいです。

カメラの画質を左右するセンサーサイズも十分大きく、画素数だけを誇ったモデルでは決してありません。

1200万画素望遠カメラはポートレート撮影で威力を発揮。髪の毛が不自然になることもない、自然なボケを実現しています。


超接近できるマクロカメラは、ひと味違った写真を撮りたい人にもオススメ。


見たままの景色をそのまま撮れる2000万画素の超広角カメラは旅行時に活躍してくれそうです。


5眼カメラを上手く使い分けることで0.6〜50倍のズームを設定できてしまいます。


マルチフレームノイズリダクションによって、夜景撮影はよりきれいに。

映画のような動画を撮れる「Vlogモード」もあります。

3200万画素フロントカメラはAIを使った自分撮りに対応。

カメラ性能をまとめるとこんな感じです。

960fpsのスローモーション、2700万画素の明るい夜景撮影、超広角4Kビデオなど、撮影を楽しみたい人にオススメの1台です。

◆大容量バッテリー×超急速充電で快適に
バッテリー容量は一般的なスマホの1.7倍となる5260mAhです。

そんな大容量バッテリーにもかかわらず、付属の30W急速充電器で65分で充電完了。

1台目に最適な「Xiaomi Mi Note 10」。特徴をまとめるとこんな感じになります。


ちなみに気になる対応バンドはこんな感じ。ドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンドLTEを含むマルチキャリア対応を実現しています。
3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
4G:LTE-FDD B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26、TD-LTE B38/B40
なお、国内版「Xiaomi Mi Note 10」の本体価格は6GB RAM/128GB ROMモデルが5万8000円ほどですが、以下の通販サイト「Banggood.com」ではクーポンコード「BG01N10」適用で4万7958円に値下がりします。
Xiaomi?Mi?Note?10?global?version 6.47 inch 3d curved amoled 108mp penta camera 30w fast charge 6gb 128gb 4g スマートフォン セール - バングッド|購入 日本

【1億画素の格安スマホ「Xiaomi Mi Note 10」、またしても値下がりしてしまう】を全て見る