ドラえもん50年の歴史で初! 世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」がお台場にオープン

写真拡大 (全5枚)

2020年に生誕50周年を迎えるドラえもんは、2019年12月1日(日)、お台場にあるダイバーシティ東京プラザの 2Fに世界初のオフィシャルショップとなる「ドラえもん未来デパート」をオープンした。また、11月29日(金)より、ダイバーシティ東京プラザ正面入口前に、仕掛け時計「ドラえもん タイムスクエア presented by 水と生きるSUNTORY」を公開した。

■生誕50年を迎えるドラえもん
12月1日(日)にオープンした「ドラえもん未来デパート」は、半世紀、50年の歴史の中で初めてとなるオフィシャルショップ。ここにしかない様々なオリジナル商品の買い物が楽しめる「ショップゾーン」、作品に登場するひみつ道具を使ったアミューズメントが楽しめる体験型アトラクションエリア「ひみつ道具ラボ」、そして世界にひとつだけのオリジナルグッズを作ることができる「カスタマイズゾーン」の3つのエリアから構成されている。作品としての「ドラえもん」同様、年齢や性別を問わず誰でも楽しめる店舗となっている。

また11月29日(金)よりダイバーシティ東京プラザ正面入口前に設置される「ドラえもん タイムスクエア」は、7つのスクエア(四角)が積み重なった造りになっており、一番上にはドラえもんをモチーフにした時計が設置されている。時計には作中にも登場するドラえもんの様々なひみつ道具を使った特別な演出が散りばめられている。さらに、昼と夜で異なるバージョンの仕掛けを楽しめるほか、ドラえもんやのび太くんらと一緒に写真が撮れるフォトスポットとしても訪問者を出迎えてくれる。



■小学館集英社プロダクション

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook
カルチャーに関連した記事を読む
・令和元年のネットでどんな単語が一番流行した?ニコニコ大百科・ピクシブ百科事典の共同企画『ネット流行語100』で2019年にネットで流行った100単語を公開
・山手線でアプリを使ってトレーニング!マッキャンヘルスとJR東日本が電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」を開発
・広島の海の幸を味わい尽くす!三原・竹原・廿日市・尾道を訪ねてきた(後編)
・中国で正式に認められた抗がん剤「フアイア(顆粒)」の国内承認を目指す「フアイア」記者会見&セミナーレポート発売
・自分の殻に閉じこもりたい人必須!ベッドの上にプライベート空間を作り上げるおひとり様用折りたたみ式テント「ベッドdeテント」